BTS(防弾少年団)

BTSグクテテが仲良しすぎる?もしかして?と噂あり!?不仲との説も?

こんにちは、かわレイです。

人気韓国グループBTSのググステが仲良しすぎる!との声がネットにあふれています。

もしかしてデキてる?と噂されるレベルですが、

不仲との説もあるので、本当はどうなのか?気になったので画像や動画で調べてみました。

FNS歌謡祭にてBTSが出演し、多くの女性の心をつかまれましたね!

2019/12/13更新しています

BTSグクテテが仲良しすぎる?

BTSグクテテ(テテググともいわれます)とは?

BTSのジョングクさんとテヒョンさんの仲がとても良いことから

ファンがつけた呼び名です

今や多くのファンがこの呼び名でお二人を読んでいますね。

BTSの中でも人気が高いお二人が、仲良くしていると自然と呼び名もでてくるものなのでしょうね。

BTSグクテテ(テテググ)の仲良し具合は?もしかして?と噂あり!?

グクテテは仲良し具合が半端なく、もしかしてデキてる??と噂されるレベルです。

そのレベルを画像や映像でみていきましょう!

まだ仲良しレベルの動画や画像

この他にも

  • ライブ中に二人でハグしあう
  • ライブ中におんぶをする
  • ソファでお互いくっついて寝る
  • お揃いの物をつける

などのエピソードがあるようですね。

いや、正直仲良しレベル超えてるのでは?と思ったのですが、

このようなスキンシップがたくさんありすぎて

その中でもまだ仲良しレベルかなって思う内容です

韓国アイドルの人達はスキンシップが多いそうなので、これが普通なのかもしれません

仲良しより先にいってる感があるレベルの動画や画像

他にも、

  • 布団の中でお互い手を回して抱きついて寝る
  • インタビュー中にお互い見つめ合っていた
  • グクが他のメンバーに絡むことは少ないが、テテのうなじは触ったりと接触が多い

などのエピソードがあります。ラブラブではありませんか!

それにしても、グクテテの間に距離はないんだろうなって思うほど近いですね!

いくら仲がよくても、ここまでの近距離を許すのは相当相手に心を許している証拠なのではないでしょうか

そしてキス疑惑・・・ここまでいくともしかして?と疑ってしまう声があるのも納得できます。

また行動のシンクロ率も高いようで、双子?と疑うレベルらしいので調べてみると・・・

ほんとにシンクロ率が高いです!!

お互いの行動がシンクロするのは、相手に好意をもっててこの関係が続いてほしい、との欲求があるらしいです

お互い大好きなんですね。

ただデキているわけではなく、家族のようにお互い大事に思っている、と感じました。

なぜBTSグクテテは仲良しといわれる?

グクテテは、とにかくスキンシップが多いです

しかもただ抱き着くだけでなく、座っているときも肩をくっつけたり、おんぶしたりと色んなスキンシップをされています。

これがグクテテが仲良しといわれる一番の要因だと思います

スキンシップをしている間、双方ともに嫌悪感はまったく感じず、

むしろ嬉し気な雰囲気をだしているところも影響しているのでしょうね。

BTSグクテテはなぜ仲良しに?

なぜここまで仲がよいかの理由も考えてみました!

  • お二人は地方出身であること
  • グループの仲で年下組であること
  • 性格が真逆であること

この3つが関係しているように思えます。

同じ共通部分があると、話しやすいし仲良くなりたいですよね。

またグクさんは人見知りですが、テテさんは誰でもすぐに仲良くなれる性格をしています。

真逆な性格をしているからこそ、お互い惹かれるものがあり、仲良くなったきっかけにもなったのかもしれませんね

BTSグクテテが仲良しすぎる?不仲との説も?

検索すると、グクテテが不仲とのワードもでてきます。

  • ある雑誌ではグクさんがテテさんを無視した
  • 実際にグクさんが「テテがくっついてくるから嫌だ」といった

との話があります。

雑誌については真偽は不明です。

グさんの言った言葉に関しては、これは照れを含んだ感じのようで、本当に嫌がっていったのではないらしいです

なのでこの不仲説はあくまでも噂みたいですね

実際に最近のお二人の様子をみていても、不仲にみえることはなく、逆に仲良しだなって思いますね。

シンクロ率も相変わらず高いようなので、本当に不仲だったらあそこまでの演技はできないと思います。

BTSグクテテが仲良しすぎる?もしかして?と噂あり!?不仲との説も?まとめ

いかがでしたか?

BTSグクテテは本当に仲良しな二人組でした!

不仲説もありましたが、お二人の行動をみるかぎりあまり信用できないかなっと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク