ダム

ダムを緊急放流するとどうなるの?なぜ?ダム放流の衝撃の事実とは!?

こんにちは、かわレイです。

台風19号の多くの被害ニュースの中で「城山ダム緊急放流」を知らせるニュースがありました。

ただでさえ下流は水がいっぱいなのになんで放流!?

放流するとどうなるの・・・って思った人もいるのではないでしょうか。

なので、今回は緊急放流についてまとめました。あわせて、そもそもダム放流とは?についても書いているので是非参考にして、ご理解に役立てていただけたらと思います。

ダム放流(ほうりゅう)とは?

そもそもダム放流について知っておかなければ、緊急放流について理解ができないので、簡単にご説明しますね。

ダム放流とは、ダムに貯水された流水などを下流に流す操作です。

いや、知ってるわ!って思ったあなた!ここからが重要なので帰らないで!

この放流ですが、普段からずっとしてます。これはダムの役割の一つが、川の水量の調整だからです。

この水量の調整には、

  1. 下流の水が増えすぎないようにする
  2. 川に住む魚などの生物環境の維持

を目的としており、ダムに入ってきた水の量をみながら、日常的にダム放流をしているんです。ダムって水をためるっているイメージが強いですが、流すこともしているんですね。

そして一番のポイントが、台風などの大雨時もダム放流をしている、ということ。

ダムがためれる量にも限界があります。なので、①の目的を優先とし、この程度なら下流は大丈夫だ、という量に制限されつつずっと放流しています。これにはびっくりました。

ダムを緊急放流するって?するとどうなるの?

緊急放流とは、

ダムの限界量まで水がたまり、決壊の危険があるので放流量を増やすということ。

もっと簡単にいうと、ダムの限界がきた、逃げろ、ということです。

ダム内の水を一気に流すという意味ではありません。 今まで下流が溢れ出さないように押さえていた分もあわせて出す、ということです。

なぜなら、ダム内限界まで水をためると、最悪ダムから水が漏れ出す可能性が高まります。

すると、

制御不能なダム内の水が一気に流れてしまうので、恐ろしい被害がでます。

緊急放流すると下流の水位が上がってしまい、水が溢れだし堤防が崩れる(=氾濫(はんらん)し決壊する)可能性が最高度になります。

しかし、こうなる可能性がわかっていたとしても、ダムが決壊したときの被害の方が大きいので緊急放流するのです。

なので、緊急放流の発表があったときは氾濫する、と思いすぐに避難してください

↓に漫画でわかりやすくまとめておられたので参考までに。

これらダム放流、緊急放流に関しては、その道のプロが法律に従い行っています。緊急放流に関しては、法律で事前に知らせるように決められています。

したがって、

緊急放流は人の任意でされている、というわけではなく、事前に知らせがあるものなのです

ダムの緊急放流をしないとどうなるのか、まとめ

いかがでしたか?

ダムはためるだけではなく放流、つまり水を流す量を調整して、下流があふれ出さないようにしてくれていますが、限界があります。その限界が来たときが緊急放流時なんです。

ダムも万能ではないので、限界がきたら甘く考えず、すぐに避難してくださいね。

最後に重要なポイントをまとめときます。

  • ダム放流とは、ダムに貯水された流水などを下流に流す操作
  • ダム放流は日常的にも、大雨の時もずっとしている
  • ダムの緊急放流=ダムが満タン、限界に近い、川が氾濫する危険度最大
  • ダムの緊急放流は法律に従いプロがしている

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク