エスプライムローション

エスプライムローションは害ある防腐剤など含む?副作用や安全性を調査!

シミ、シワ、乾燥、毛穴など根本から改善してくれる、

「エスプライムローション さっぱり」。

副作用や安全性についても気になりますよね

成分を調べてみると、

どうやら石油を原料とした防腐剤や

アルコールも含まれているようです。

この2つといえば、肌の負担となりそうな成分ですが、

なぜ含まれているのか?

敏感肌には使えない作りになっているのか?を徹底調査しました。

▼▼時短・格安価格で本来の肌へ ▼▼
エスプライムローション↑↑送料無料全額返金保証つき↑↑

エスプライムローションの副作用と安全性

結論からいうと、

「エスプライムローション」の副作用は、

公式では記載されていません

敏感肌でも使える優しい作りとなっており、

安全な商品といえるでしょう。

エスプライムローションの成分

「エスプライムローション」の全成分については、

成分と効果の記事にてまとめていますが、

美容商品では避けがちな、

「パラベン」「アルコール」「BG」が含まれています。

これだけ見ると、副作用は大丈夫なの?

と思ってしまいますよね。

なぜパラベンが入っているの?

「エスプライムローション」には、

メチルパラベンが入っています。

これは防腐剤の一種で、

他の成分や相性にとっては肌に有害となる場合もあります

ですが、ごく少量で高い殺菌作用があり、

保存性や安全性が確認されている成分です。

バラベンの中でも「メチルパラベン」はもっとも皮膚刺激が少ない成分です。

これがないと逆に化粧品の安全性が保てなくなり

優秀な美容成分を薄めないといけなくなるようです

薄めたら効果が実感できない商品となるので、

買いたくなくなりますよね。

なので、「エスプライムローション」では、

他の成分との相性に注意しつつ、

必要最低限を配合しているのです。

なぜアルコールが入っているの?

高濃度のイソフラボンの成分を、

維持するためにどうしても欠かすことのできないからです。

また、清浄、殺菌、毛穴の引き締めや

さっぱりとした使用感、さらに防腐作用があるので

他の成分とのバランスも考えて配合されています。

どうしてBGを使っているの?

BGといえば、石油を原料とした化学物質なので、

嫌なイメージをもちますよね。

ですが、抗菌性と保湿性に優れた

安全な成分の一つでもあるのです

実は「無添加」「アルコールフリー」「敏感肌用」といった化粧品にも、多く使われています。

こちらも他の成分とのバランスを考え、

必要最低限が配合されています。

副作用についての口コミ

いくら安全とはいえ、

本当に大丈夫なの?とあなたは思ったかもしれません。

リアルな評価を口コミ記事にてまとめましたが、

悪い口コミの中に、

肌に害があったというレビューはありませんでした

多くの人が選んだという事実

効果と成分の記事にて書きましたが、

「エスプライムローション」はその効果が、

医師や第三者機関に認められています

またアンケート調査では1位を獲得しており、

多くの人がオススメしている事実が

何よりも安全性の証明だと思います。

  1. 効果が認められ医学誌にも載った
  2. 特殊特許成分が5つある
  3. 「女性医師が使用したい~」などアンケート調査で堂々の4冠を獲得している

▼▼スーっと心地良い時短ケア ▼▼
エスプライムローション↑↑送料無料全額返金保証つき↑↑

エスプライムローションは害ある防腐剤など含む?副作用や安全性を調査!まとめ

いかがでしたか?

「エスプライムローション」には、

アルコールなど配合されていますが、

プラス効果がある必要最低限量のみを使用しています

口コミでもマイナス方向へ効果があったという、

感想はなかったことからも、

副作用や安全性は安心していいでしょう。

送料無料全額返金保証つきエスプライムローション↑↑あなた本来の肌の力を呼び覚ます↑↑

 

最後までお読みいただきありがとうございました。