ハケンの品格2

ハケンの品格とっくりと大泉洋が呼ぶ理由や意味は?続編でも呼んでる

「ハケンの品格」にて主人公の大前春子こと篠原涼子を、

「とっくり」と呼ぶ東海林武こと大泉洋ですが、

理由や意味が気になったので調べてみました

「ハケンの品格」続編こと「ハケンの品格2」でも、

「とっくり」と呼ぶことは変わらない様ですね。

「とっくり」はあだ名みたいな感じですが、

意外な理由があったので気になる人は是非見ていって下さいね。

ハケンの品格とっくりと大泉洋が呼ぶ理由や意味

結論からいうと、

大前春子がいつも着ているタートルネックがとっくりの形に似ているからです

そもそも「とっくり」とは、口がせまく細長い形の容器のことを言うそうです。

その形に春子のたタートルネックが似ていることから、呼ぶようになったようですね。

初めこそ東海林武こと大泉洋は、大前春子こと篠原涼子を気に入らず、

おそらく嫌み的な意味もこめて「とっくり」と呼び始めていました。

しかし徐々に、大前春子こと篠原涼子に惹かれ始めてからは、

愛情をこめた愛称となっているようですね

とっくりは続編でも

とっくりが舞い戻ったって本当か!

公開された3場面の中に、

東海林武こと大泉洋さんと大前春子こと篠原涼子さんの場面がありました。

↑のセリフはその中で、帰ってきた春子に東海林が言った言葉です。

「とっくり」という愛称は13年たっても健在のようですね。

とっくりに対するネットの反応

“>

他にも「懐かしい」「またとっくりが聞けるなんて」という声が多かったですね。

「ハケンの品格」続編でも「とっくり」呼びが沢山聞けそうですね。

ハケンの品格とっくりと大泉洋が呼ぶ理由や意味が気になる!続編でも!まとめ

いかがでしたか?

ハケンの品格にて東海林武こと大泉洋さんが、

大前春子こと篠原涼子さんを「とっくり」と呼ぶのは、

いつも着ているタートルネックがとっくりの形に似ている からです。

ハケンの品格2でもとっくり呼びは健在なので、

2人の掛け合いも含めて懐かしく見れそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク