ホワイトシード(フロムココロ)

ホワイトシードは副作用がデメリットがある?リアルな声を参考に検証!

肌の不調から身体の健康まで改善してくれるホワイトシード。

医薬部外品なので安心と思う反面、

副作用は大丈夫なの?

何かデメリットがあるのでは?

と思うあなたもいるのではないでしょうか?

そこで今回はホワイトシードの副作用やデメリットについて徹底調査しまとめました!

ホワイトシードについて興味があるものの、中々手がつけれないという人はぜひ参考にしてくださいね。

時間をかけず肌や身体の不調今すぐアプローチする!

医薬部外品は効果効能はお墨付き!

WHITE SEED初回66%OFF!送料無料30日間返金保証付き↑

ホワイトシードは副作用がある?

まずは気になる副作用について調べてみました!

公式サイトでは以下のような回答がされています。

「医薬部外品は医薬品に比べ、主眼は病気治療ではなく、予防や改善です。」

「作用は穏やかですが、副作用が起きる可能性はゼロではありません。使用上の注意をよく読み、用法・用量をお守りください。」

つまり、記載されている量や回数以上を飲んだりすると身体に悪影響が起こる可能性があるということですね

口コミの記事にも書きましたが、ホワイトシードの1日1回3錠飲むように書かれています。

この用法・用量をしっかり守ることで、副作用が起こる可能性を防げるということでしょう。

ですが、すべての薬やサプリメントにいえることですが、その物と身体の相性は飲んでみないとわかりません

もし体質的に合わなかったら、ホワイトシードには返金保証がついているのでそちらを使い返金してくださいね。

作る過程でも安心!

ホワイトシードは、創業100年以上続く製薬メーカーが作っています。

GMPを収得した工場で、長い経験の中で培った技術と製造環境により高品質な商品が作れています。

GMPとは、医薬品および医薬部外品の製造管理および品質管理の厳格な基準のこと

製造・販売をした後も有効性と安全性の確認を実施しているので、この点に心配はいらなさそうですね

アレルギーがあるけど大丈夫?

公式にはこのアレルギーの人は絶対ダメ!という記載はありませんが、

アレルギーもちの人は内容成分を確認して、心配であればかかつけ医師に相談してから飲むようにしてください

尿が黄色くなる!?

ホワイトシードを飲み始めると、尿が黄色くなることがあるようです。

これはホワイトシードに含まれるリボフラビンというビタミンB2による影響で悪影響ではありません。

公式でも心配はないとの記載があったので慌てなくて大丈夫ですよ!

ホワイトシードは尿および大便の検査値に影響を出すことがあるようです。

身体に害が与える影響ではありませんが、これらの検査を受ける際は医師にホワイトシードを飲んでいることを伝えましょう

副作用に関するリアルな声

 

口コミサイトにてホワイトシードの副作用について調べてみましたが、何もありませんでした

@コスメでは50人以上の人がコメントをしていますが、内容はいい意見ばかりですし(このあたりは口コミ記事にまとめています)、

特にトラブルは起こっていないようですね。

ホワイトシードはデメリットがある?

ホワイトシードにデメリットがあるのか?調べてみました!

公式には何も書かれていませんでした。

ですが、効果を実感するまでに時間がかかることがデメリットとしてあると思います。

ホワイトシードは、肌荒れや乾燥など肌トラブルにつながるターンオーバーの遅れを促し正常にしてくれます。

ターンオーバーには年齢相応な周期があり、例えば40代では55日間かかります。

もちろん個人差もあるのですが、このために効果をはっきり実感するには2~3ヶ月くらいかかりそうですね

今すぐ肌をキレイにしたい!という人にはオススメしません

それよりも時間がかかってもいいから、

肌の根本をスキンケアして肌トラブルを防ぎたい美肌になりたいと思っている人にはオススメです!

ホワイトシードは副作用がデメリットがある?リアルな声を参考に検証!まとめ

いかがでしたか?

ホワイトシードには大きな副作用はありませんでした。

絶対副作用なんかない!とは言い切れませんが、口コミサイトをみる限り今の所大きなトラブルはないようですね

どんなトラブルも根本を解決しないままに行動しても、同じことを繰り返すだけです。

そのせいであなたの大事な人生の時間が無駄にするのは勿体ないです。

ホワイトシードで内側へアプローチをかけ、健康的な肌を目指しましょう!

化粧ではできない根本解決へのアプローチ

▼▼医薬部外品では国内初!L-システイン成分を配合▼▼WHITE SEED初回66%OFF!送料無料30日間返金保証付き▲

最後までお読みいただきありがとうございました。