アスリート

石川佳純の母はハーフでDAIGOと親戚?年齢や画像は?父親や妹は卓球選手!

卓球選手として福原愛2世と話題な石川佳純選手。

母がハーフ美人でDAIGOと親戚?と言われていますが、本当なのでしょうか?

母親の年齢や顔画像などプロフィールが気になりますよね。

また、父親や妹が卓球選手なのですが、どんな人達なのでしょうか?

石川佳純選手の母親・父親・妹と家族について徹底深掘りしていきます!

石川佳純の母はハーフ?年齢や顔画像

結論からいうと、石川佳純選手の母がハーフかはわかりません

母親の年齢は1963年生まれなので57歳(2021年時点)で、名前は石川久美さんといいます。

名前的には日本人ですが、ハーフと噂されている理由は顔画像です↓

年齢が57歳にはみえない、美人な人ですね!

顔画像をみる限り、フィリピン系のハーフっぽいので母親がハーフなのでは?と噂されているようです。

さらに、石川佳純選手のインスタで母の日に薔薇の花束をプレゼントした投稿がありました。

そのハッシュタグには日本語・英語・中国語とあり、母親がハーフ説の噂を強くしているようですね。

しかし、石川佳純選手は英語も中国語も話せるので、母親がハーフなのとは関係はないように感じます。

顔画像に関しては、見た目がハーフっぽい日本人もいます。

石川佳純選手は生まれも育ちも日本ですし、母親がハーフの可能性は低いように感じます。

母も卓球選手!

石川佳純選手の母親は元卓球選手でもあります

国体の山口県代表に選出された経歴があるので、卓球選手としての実力は高いようですね。

過去に福岡大学の卓球部、卒業後の結婚までは福岡日産自動車の卓球選手として活動し、結婚を機に一度、卓球を引退したそうです。

しかし、友人に「もう一度卓球してみない?」と誘われ、現役復帰。

石川佳純選手の母親は、国体出場を目指して復帰したそうです。

その後、石川佳純選手を育てながらも練習に励み、念願叶って国体の山口県代表に選ばれました。

子育てと卓球を両立されていたのは凄いですね!

ちなみに石川佳純選手が赤ちゃんの時は夜泣きが酷く、当時の母親の夢が「7時間続けて眠ること」だったのだとか。

意外に手のかかる子供だったようですね。

国体出場と目標達成した母親が、卓球選手を引退した理由は石川佳純選手です。

石川佳純選手が小5の時に、山口県で母娘対決があり、石川佳純選手は母親を破り勝利。

母親はその後現役引退をされています。

世代交代を感じたのか、卓球選手としてやれることはやったと達成感があったのかもしれませんね。

母の現在の職業は?

石川佳純選手の母親の現在の職業は、卓球クラブの指導&監督です。

自宅の敷地内にある「山口ジュニアクラブ」の責任者をされており、子供達に卓球を指導されているようですね。

現在も卓球を関わっているので、母親は相当な卓球好きと言えます。

さらに石川佳純選手の国内外の試合にも同行し、食事などの生活もサポートとされています。

石川佳純選手の母親は、石川佳純選手の師匠的存在でもあります。

実は石川佳純選手は卓球を始める前はバレエ、水泳など色々な習い事をしていたようですが、どれも長続きしなかったそうです。

しかし、卓球を始めてみるとメキメキ実力を開花。

石川佳純選手の才能に気づいた母親がコーチ的存在となり、本格的な練習を始めています。

石川佳純選手にとって、母親は大きな存在のようですね。

スポンサーリンク

石川佳純の母はDAIGOと親戚?

結論からいうと、石川佳純選手の母はDAIGOと親戚かはわかりません

しかし、石川佳純選手がDAIGOさんと親戚であるのは確かです。

というのも、石川佳純選手は竹下登元首相と遠い親戚なのだとか。

DAIGOさんは竹下昇元首相の孫なので、石川佳純選手と親戚になるわけですね。

実際、DAIGOさんと北川景子さんの結婚披露宴に石川佳純選手が参加されており、面識もあるようです。

つまり、石川佳純選手の母親か父親のいずれかが、DAIGOさんと親戚の家系となります。

両親のどちらかはわかりませんが、凄い家系ですね。

スポンサーリンク

石川佳純の父親は卓球選手!

石川佳純選手の父親は元卓球選手です。

名前は石川公久さんといい、年齢は57歳(2021年時点)です。

父親の顔画像はこちら↓

石川佳純選手の父親の現在の職業は、広告代理店の読売広告西部の営業マンなので、卓球選手は引退されています。

過去には、石川佳純選手の母親と同様の福岡大学の卓球部、卒業後はニッタクラブで卓球を続けていたようです。

さらに転勤で山口県に引っ越した後は、山口県の卓球クラブに移籍しており、父親も相当な卓球好きと思われます。

石川佳純選手いわく、性格は有言実行な楽観的なのだとか。

というのも、石川佳純選手の練習場を作ったのは父親なのです。

石川佳純選手は7歳の頃、一番近い卓球練習場が行き帰りに2時間かかる場所でした。

しかし時間的がかかり、本格的な練習ができません。

その際、家を建て直す話がでていたようで、父親が「卓球練習場を作ろう」と発案。

そして、自宅の敷地内に卓球の練習場(山口ジュニアクラブ)ができました。

石川佳純選手も自宅の練習場がなければ「今の自分はない」と言われています。

石川佳純選手の卓球技術が高いのも、こうした父親の努力があり、練習に打ち込める環境があったからなのでしょうね。

スポンサーリンク

石川佳純の妹は卓球選手

石川佳純選手の妹は元卓球選手です。

名前は石川梨良(りら)さんといい、年齢は23歳(2021年時点)なので5歳年下の妹ですね。

顔画像はこちら↓

現在の職業は不明ですが、一般企業に就職されているようです。

そんな石川佳純選手の妹は、大学卒業まではバリバリの卓球選手でした。

石川佳純選手と同様に6歳頃から卓球を始め、中学校は稲付に進学しつつ「JOCエリートアカデミー」に入っています。

しかもアカデミーに入るために自宅から上京。

JOCエリートアカデミーとは、年少者が将来的にオリンピックなどで活躍できるようにする育成する組織。味の素ナショナルトレーニングセンターを拠点に生活し、学校への通学とトレーニングを行うアカデミー。

さらに帝京高校のアスリートコースに進学し、「JOCエリートアカデミー」では女子卓球部のキャプテンをしていました。

大学は青山学院大学に進学しており、後にキャプテンとしてチームの優勝に貢献。

石川佳純選手の妹も、卓球選手としては実力がかなり高かったようですね。

大学卒業後を機に、卓球選手として引退されていますが、やりきった達成感があったのかもしれません。

スポンサーリンク

石川佳純の実家はどこ?

石川佳純選手の実家はどこかというと、山口県山口市です。

理由は石川佳純選手の出身地であり、上述したように母親が責任者の「山口ジュニアクラブ」があるからです。

両親の職業先が山口県にあるので、間違えないでしょう。

ちなみに、石川佳純選手の母親と父親は福岡大学の同級生なのだとか。

両親のどちらかは、出身地が福岡なのかもしれませんね。

となると、石川佳純選手の実家は山口県ですが、祖父母の家は福岡にあるのかもしれません。

スポンサーリンク

石川佳純の母はハーフでDAIGOと親戚?年齢や画像は?父親や妹は卓球選手!まとめ

  • 石川佳純の母はハーフかは不明
  • 母親の年齢は57歳で顔画像をみる限り美人。名前は久美で元卓球選手
  • 石川佳純はDAIGOと親戚なので、母親か父親どちらかが親戚なのは間違えない
  • 父親の年齢は57歳で、名前は公久。元卓球選手で今は広告代理店の営業マン
  • 妹の年齢は27歳で、名前は梨良。小学校からバリバリの卓球選手だったが、今は一般企業に就職

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク