ニュース

keikoの現在はマスクなしで元気に歌えるレベル!小室哲哉は嘘つき?

2021/02/26にKEIKO(globe)さんと小室哲哉さんの離婚が報道されました。

そんな中KEIKOさんの「元気です」との言葉があり、現在はマスクなしで元気に歌えるほど回復されているようです。

くも膜下出血で倒れたKEIKOさんはマスク姿が多く、病状が心配な声が多かったのでここだけは良ニュースですね。

ただそうなると小室哲哉さんが嘘つきとなるわけで・・・。

そんなKEIKOの現状と、小室哲哉さんの嘘つきの理由についてまとめました!

KEIKO(globe)の現在は元気!

KEIKO(globe)さんの現状は、本人の直筆にもある通り元気な状態です。

文春の有料記事では、KEIKOさんが公園でウォーキングする姿の写真もありました。

また2019年時点でglobeの歌をカラオケでも歌っていたそうです。

身体も動かせて、歌の歌えるとなるとかなり普通レベルの状態になっていることがわかりますね。

KEIKO(globe)の後遺症とマスク問題

KEIKO(globe)さんが一時的、マスクをずっとしていた時期がありました。

病気の後遺症が顔にでているのでは?という噂もあります。

くも膜下出血より脳がダメージうけることで、顔に麻痺が残ることもあります。

真相はわかりませんが、個人的には麻痺はないのではないかと思います。

カラオケで歌っている時点で歌うことができるレベルだと思いますし、マスクなしで歌っているはずですよね。

実際今回の離婚報告の直筆も綺麗なものです。

芸能人ではマスクを常時している人も多いですし、現在はコロナの影響もあるのでそれが原因かなと思います。

KEIKO(globe)の現状へのネットの反応

ネットではKEIKO(globe)さんの現状が元気であることに安心する声が多かったです。

離婚報告よりも直筆からKEIKO(globe)さんの現状がわかったのは本当に嬉しいですね。

globeの今後が気になりますが、何よりKEIKO(globe)さんの体調が一番なので今回のことで気落ちしないことを祈ります。

スポンサーリンク

小室哲哉は嘘つき?真相

小室哲哉さんが大嘘つきというのは、2018年KEIKOさんの病状報告が発端です。

KEIKOが音楽の関心を持たない

会話が続かず、小学4年生の漢字ドリルに取り組んでいる

KEIKOさんの介護に突かれた

↑のような内容が話されて引退をされた小室哲哉さん。

当時不倫騒動もあった小室哲哉さんに同情の声が多く集まりました。

ですが蓋をあければ、KEIKOさんの病状はまったく違うものでした。

漢字ドリルはリハビリ中に医師に勧められて1度した程度

会見中、KEIKOさんの病状はずっとよく、介護はしていなかった

現に現在のKEIKOさんは日常生活ができるレベルに回復しているので、小室哲哉さんが嘘をついていたといえる状況かと思います。

小室哲哉は嘘つき?ネットの反応

小室哲哉さんに関しては様々な意見であふれています。

音楽に関しては小室哲哉さんは凄い人だと思うので、これからの活動が気になります。

スポンサーリンク

KEIKOの現在はマスクなしで元気に歌えるレベル!小室哲哉は嘘つき?まとめ

KEIKOさんの現在状態は良好で、元気なようで一安心です。

小室哲哉さんに関しては、当時の発言と現在のKEIKOさんをみる限り嘘だったといえると思います。

当事者同士でしか真実はわかりません。

しあし離婚という選択肢をKEIKOさんと小室哲哉さんが選んだことからも、理由が感じてしまいますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク