歌番組

紅白2020観覧はがきの書き方や当落結果はいつ?倍率も調査!

無観客で行われる予定だった「第71回NHK紅白歌合戦」ですが、観覧の可能性もあるとの報道がありました!

観覧の可能性があるならぜひとも行きたい所ですが、観覧応募はいつなのか?はがきの書き方や当落結果の発表日も気になりますよね。

何より倍率がヤバそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は、紅白2020の観覧応募方法や当落結果についてまとめました。

観覧OKとなった時にすぐに動けるようにしておきたいですね!

紅白2020観覧はがきの書き方

結論からいうと、紅白2020観覧応募について未発表です

もし観覧はがきの応募が始まれば、過去のはがきの書き方と同じのはずなので、↓のような書き方となります。

はがき 表面 裏面
往信用 NHK紅白あて 応募者の郵便番号、住所、名前、年齢、電話番号
返信用 白紙 応募者の郵便番号、住所、名前
官製往復はがきのみの応募

かなりシンプルにまとめましたが、これから詳しくまとめていきますね!

紅白2020観覧はがきの書き方と画像

紅白観覧はがきは↓のような書き方となります。

詳しく書きだしていきますね。

<往信用表面>

  • 宛先:〒119-0362
  • NHK紅白歌合戦紅白歌合戦 公関係

<返信用裏面>

抽選の当落結果が印刷されて返信されますので、白紙のままです。紙やシールなどの使用はご遠慮と書いてあるので、使用すると印象が悪くなる可能性があります

<返信用表面>

  • 応募人の郵便番号・住所・名前

<往信用裏面>

  • 応募人の郵便番号・住所・名前・年齢・電話番号

書くことは割と少ないのですぐに書けますね!

もし観覧が決まれば即書いて応募しましょう。

紅白2020はがきの書き方の注意点3つ

紅白2020はがきの注意点は3つあります。

  1. 申し込み条件:NHK受信料を払っている場合のみ
  2. 同一世帯で、応募者の性が受信契約者の性と違う場合は、受信契約者名とNHKに登録する番号を記入すること
  3. 来場者=応募者となり紅白会場で本人確認するため必ず観覧する人の名前で応募すること
  4. 往復はがき以外での申し込みや記入に不備があると申し込みは無効となる

NHKの放送受信契約の確認ができないと当選から外されてしまうので、特に②の内容には注意が必要です

スポンサーリンク

紅白2020観覧はがきの書き方が変わる?

個人的予想ですが、紅白歌合戦のはがきの書き方というか応募方法自体が変わり、ネット応募となる可能性があります

理由は1つ、時間短縮かつ観覧できるかわからないからです。

例年の紅白観覧はがきは10月頃から応募開始でしたが、今はもう11月であり観覧できるかもコロナの影響があるのでわかりません。

となるとコストと時間がかかるはがき応募よりも、簡単かつ早く結果がだせるネット応募にする可能性はあると思います

紅白2020観覧はがき応募日

紅白2020の観覧が確定しないので、観覧応募日も不明です

情報出次第追記します。

2019年では10月3日(木)に応募開始し、10月18日(金)に締め切りでした。

2020年は時間がかなり押しているので、はがき応募なら期間は2週間もないかもしれませんね・・・。

スポンサーリンク

紅白2020観覧はがきの当落結果はいつ?倍率も調査!

紅白2020観覧の当落結果はいつ?

当落結果日についても今だ不明です

10月中旬までに応募はがきが締め切られ、12月中旬までには当落結果が返信用はがきで送られてきましたが、今年はどうなるのでしょうか・・・。

はがき応募で年末までに間に合うのか気になるところですね。

紅白2020観覧の倍率がヤバい

紅白2020観覧の倍率は、おそらく900倍以上あると予想されます。

理由としては、例年それくらいの応募率があるかつ今年は活動休止予定となる嵐が出場する可能性があるからです

  申し込み数 当選者 倍率
2016年 991,306 1,342枚 922倍
2017年 932,319 1,223枚 762倍
2018年 1,085,171 1,331枚 815倍

毎年これくらいの恐ろしいかつ狭き門での応募となります。

一人で何通も応募できるので申し込み数が多いようですね。

その中に嵐の活動休止前の姿をみようと、今年は応募がさらに多くなる可能性があるので、900倍以上の倍率はあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

紅白2020観覧はがきの書き方や当落結果はいつ?倍率も調査!まとめ

紅白2020観覧があるのかまだ不明なんで情報出次第追記しますね!

もしハガキなら11月中に応募開始としないと集計が間に合わなくなるので、情報は要チェックです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク