宮舘涼太

宮舘涼太貴族の高校や大学は?いつからロイヤル貴族満載になったの?

この記事では、

  • 宮舘涼太さんの出身高校と大学について
  • 宮舘涼太さんのロイヤル貴族満載感について
  • 貴族感はいつから?

についてまとめています。

グループ内外から「貴族」「ロイヤル」と言われている宮舘涼太さんですが、

そんな彼の高校や大学を調べる最中に、ロイヤル感はいつ頃から出たの?と気になりました。

なので、それもあわせてまとめているので是非見ていって下さいね!

宮舘涼太貴族の高校や大学

プロフィール

  • 名前:宮舘涼太(みやだて りょうた)
  • 生年月日:1993年3月25日(26歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:173cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:漫画を読むこと
  • 特技:料理、花言葉
  • 家族構成:両親、妹2人
  • ジャニーズ入所日:2005年10月1日
  • 「滝沢歌舞伎」を中心に舞台で活躍

Snow Manの中では、セクシー担当で一番アイドルらしい言動が多いです。

そんな宮舘涼太さんの高校と大学について見ていきましょう!

宮舘涼太の出身高校は?

宮舘涼太さんの出身高校は、通信制クラーク記念高校です!

クラーク記念高校は本部が北海道にある国内最大級の広域通信高校です。

通学や学習スタイルを自分のペースにあわせ調整ができるので、北川景子さんなど芸能人の在籍も多いようですね。

ジャニーズでいえば、↓の人達が卒業生になります。

  • 錦戸亮さん
  • 増田貴久さん
  • 横尾渉さん
  • 藤ヶ谷太輔さん
  • 松倉海斗さん
  • 高橋楓さん
  • ジェシーさん

Snow Manでも渡辺翔太さんが同級生です。

宮舘涼太さんは中学時代にジャニーズ事務所に入りましたが、

芸能活動を幅広くするためにこの高校に進学したのだとか。

中学時代から自分の将来を見据えて行動されていたのですね。

ジャニーズに入ったきっかけは?

宮舘涼太さんのジャニーズ事務所のきっかけは母親です。

お母さんが「息子をもう少し有名にしたい」と思い、履歴書を送ったのだとか。

宮舘涼太の出身大学は?

出身大学は、明海大学経済学部です。

千葉県浦安市にあり、偏差値は35~37くらいです。

Snow Manのメンバーの一人、渡辺翔太さんも同じ学部に進学しており、クラスメイトだったそうです。

さらに言うと、渡辺翔太さんは小学校を除いた幼稚園~大学まで一緒な幼馴染みです。

ここまで一緒なのも凄いですよね!

話がそれましたが、

Snow Manは大学2年生の時に結成されましたが、

宮舘涼太さんは中学時代より芸能活動されていたので、大学内でも有名だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

宮舘涼太は貴族で話題!

ロイヤル貴族はいつから?その理由は?

宮舘涼太さんといえば「貴族」というワードがでています。

何故そう呼ばれているのかというと、日常的に言動が王子様で紳士的であることが理由としてあります。

さらにこの行動がファンの中で話題となり、「ダテ(舘)様」という愛称生まれました。

いつ頃からこう呼ばれているのか正確にはわかりません。

ですが存在が認知され始めた大学時代には、すでに「貴族的」という人がいたかもしれませんね。

本人はこの呼び名を気に入っていて、彼女ができたら呼ばれたいと思っているそうです。

メンバーや家族からは「貴族」と呼ばれるほどの定着ぶりだそうです。

ダテ(舘)様の華麗なる貴族物語

貴族宮舘涼太さんの内容をまとめてみました↓

寝るときはバスローブ

シルクの素材が気になり、寝具をシルクにしようか迷っている

「最近まで自分のことが人間じゃないんじゃないかと思っていた」と自分で思うほど、何でも器用にこなす

花言葉に詳しい!

休日はローストビーフ作りにはまっている


ロイヤル感がにじみ出てますね!

これは一部分でしかないので他にも貴族的な部分はあります。

貴族的と言われるほどの落ち着いた気品ある姿が、今でも呼び名が定着している理由なのでしょうね。

ですが宮舘涼太さんは貴族的な面をもちつつも、努力家な部分やお茶目な部分もあるので、そのギップが魅力的な人だと思います。

そんなロイヤル宮舘涼太さんですが、実は熱い部分もあります。

それが「亀梨和也さん大好き」な部分です。

これは本当に熱いというかヤバい(褒め言葉)レベルですね。

宮舘涼太貴族の高校や大学は?いつからロイヤル貴族満載になったの?まとめ

いかがでしたか?

宮舘涼太さんは、通信制クラーク記念高校明海大学経済学部の出身でこの間か卒業後に貴族になりました(笑)。

ロイアル感満載の宮舘涼太さんの活躍をこれからも期待したいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク