年賀状

喪中ハガキと寒中見舞いの送る時期は?

こんにちは、かわレイです。

こちらで、喪中ハガキと寒中見舞いの違いについてまとめましたが、

それぞれの送る時期っていつ?

どのタイミングで送るといいの?

って思いますよね。今回はそれぞれの送る時期についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

それぞれの送る時期は?

喪中ハガキ

相手が年賀状を準備する前に送る必要があります。

遅くとも12月初旬には届くようにするのが一般的です。

しかし、身内の不幸が11・12月に起ることもあります。そんな時、メールで知らせるのも一つの手ですが、もう準備している可能性も考え、年賀状を受け取り、寒中見舞いとして返事をするのも手でしょう。

寒中見舞い

寒中見舞いは用途が4つあります。

  1. 最も寒い時期に相手を気遣う気持ちを伝えたいとき。
  2. 喪中時に年賀状を受け取った人が、送ってくれた人に返事を返すとき。
  3. 喪中ハガキを受け取った人が喪中の人へ挨拶や感謝を伝えたいとき。
  4. 間違って喪中の人に年賀状を送ってしまった人へのお詫びを伝えるとき。

①として送る時は、最も寒い時期とされる1月5日頃から立春とされる2月4日頃までに送るのが一般的です。

1月7日までは松の内として、お正月を祝う時期なのでそれ以降に送るのがいいかもしれませんね。ちなみに、関西では松の内は1月15日と違うので要注意です!大分期間が違うので、遠い親戚や友人に送る場合は気をつけましょう。

②~④として送る時は、松の内の期間はさけてそれ以降に送るが一般的です。

「ややこしいな!覚えられん!」と思ったら、寒中見舞いは用途が違ったとしても、1月15日以降に出したらいいって認識してたらいいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク