人物

森下佳子の旦那(夫)や娘の顔画像など徹底調査!経歴や年収もヤバい!

名作を生み出す脚本家森下佳子さん。

結婚されており旦那(夫)や娘がいますが、顔画像や名前などが気になりますね。

また森下佳子さん自身の経歴がどんなもので、年収はどれくらいあるのでしょうか?

名作が多いとのことですが、脚本家としての代表作も気になるところです。

今回は森下佳子さんの家族情報を脚本家までの経歴と年収を徹底調査しました!

森下佳子の旦那(夫)の顔画像など徹底調査

結論からいうと、森下佳子さんの旦那(夫)の情報は何もありませんでした。

どうも一般人のようですね。

森下佳子さんは脚本家の前に女優もしていたので、テレビ関係で出会ったのかもしれません。

森下佳子の旦那(夫)は結婚して離婚?

森下佳子さんと検索すると「結婚」と「離婚」とでてきます。

結論からいうと、娘がいるので結婚していると思いますが離婚しているのかはわかりませんでした。

なぜ「離婚」というワードがでてくるのかもわかりませんでした。

余りに結婚相手である旦那(夫)の情報がないので、離婚しているのでは?という推測になったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

森下佳子の娘の顔画像など徹底調査

森下佳子さんの娘についても顔画像など情報は何もありませんでした。

「一人娘」なので、性別が女性であること、森下佳子さんの娘さんには兄弟はいないことは確実です。

高学歴で脚本家な母親に似て、頭が良さそうですね。

スポンサーリンク

森下佳子の経歴を調査

森下佳子さんの経歴について詳しく見ていきましょう!

森下佳子の経歴①学歴

森下佳子さんの出身高校は不明ですが、出身大学は以下の通りです。

大阪教育大学附属高等学校池田校舎

東京大学文学部宗教学科卒業

東京大学の出身であることから高学歴といえますね!

以前森下佳子さんは東京大学出身であることに対して「努力の証。だからといって他人より優れているとは思わない」と言われていました。

素敵な考えですよね。

森下佳子の経歴②女優

森下佳子さんは学生時代に演劇サークルで女優を経験されています。

小学生時代には演劇部やミュージカル劇団、舞台のバックダンサーを経験されていました。

当初はお芝居を演じる側に興味があったようですね。

その中で演出や脚本を担当したこともあり、脚本家の世界に興味をもたれたのかもしれませんね。

現在の脚本家としての絶妙な表現力はここで培われたのかもしれません。

森下佳子の経歴③脚本家

森下佳子さんは遊川和彦さんの『平成夫婦茶碗』という作品で脚本家デビューします。

その後も遊川和彦さん関連で仕事が続きていき、脚本家として経験をつまれました。

森下佳子さんにとって遊川和彦さんは、プロデューサー兼師匠のような存在のようですね。

森下佳子さんの有名な名作が数多く世に輩出するきっかけを作った、ある意味凄い人だと思います。

森下佳子の経歴④脚本家の代表作

森下佳子さんの代表作はテレビ界でも評価されており、多くの作品が脚本賞を受賞しています。

テレビドラマ

*赤色はドラマアカデミー賞 脚本賞受賞作

  • 『平成夫婦茶碗』
  • 世界の中心で、愛をさけぶ
  • 『白夜行』
  • JIN-仁-
  • 『とんび』
  • 『ごちそうさん』
  • 天皇の料理番
  • 『おんな城主 直虎』
  • 義母と娘のブルース
  • 『天国と地獄〜サイコな2人〜』

映画

  • 『花戦さ』(第41回日本アカデミー賞優秀脚本賞)

聞いたことがある作品が多いのではないでしょうか。

多くの作品が評価されており、世間での評判もよかったですね。

もちろん俳優の演技にもよりますが、脚本という土台が面白いことが作品の評価に直結すると思います。

そう考えると森下佳子さんの世界観は素敵ですね!

スポンサーリンク

森下佳子の年収を調査

森下佳子さんの年収は正確には不明です。

個人的予想としては、年収600万以上は確実にあると思います。

脚本家の平均給与は42万円ほどと言われており、年収で考えると約500万ほどです。

脚本家の基本的な給与算出はその時々の契約によって変わるようです。

大方ドラマ一本で60~100万程度らしく、売れっ子であればドラマ1クールで1,000万円の報酬がある場合があるそうです。

森下佳子さんは売れっ子で名の知れた脚本家かつ作品の視聴率もいいので、報酬は一般の脚本家以上あると思います。

となると平均年収よりは年収があると考え、600万ほどと考えられます。

本当はもっとあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

森下佳子の旦那(夫)や娘の顔画像など徹底調査!経歴や年収もヤバい!まとめ

森下佳子さんについてまとめます。

  • 旦那(夫)や娘の顔画像など情報は一切ない
  • 娘は一人娘なので子供は一人
  • 幼少時は演劇を学び、大人になり脚本家となった
  • 年収は600万以上と予想

これからも脚本家としての森下佳子さんのご活躍に期待ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク