人物

森喜朗の子供は何人?息子と娘は誰?両親など家系図を徹底調査!

東京オリンピックの報道でよく見かける元総理の森喜朗さん。

子供は息子と娘がいますが、何人いるのか?両親は生きているのか?

森喜朗元総理の家族構成を調べてみると、政治家絡みの仕事をつかれている人が多いようです。

今回はそんな森喜朗元総理の家族構成や家系とそれぞれの名前や経歴、職業について徹底調査しました!

森喜朗の子供は何人?

森喜朗元総理の子供は2人おり、息子と娘それぞれいます。

妻で母親である人は、森千恵子さんです。

森喜朗元総理さんと妻の千恵子さんは大学時代(早稲田大学)に出会ったようで、森喜朗元総理さんは愛妻家と言われています。

そんな妻との間に生まれた子供への愛情は深そうですね。

スポンサーリンク

森喜朗の息子と娘は誰?

森喜朗元総理の息子は森裕喜さん、娘は藤本陽子さんです。

森喜朗の息子

森喜朗元総理の息子は森裕喜さんといい、職業は政治家でした

地元の石川県議会議員をされていました。

家族で政治家になる事は多いですが、森一家も同様のようですね。

結婚はされておらず、子供もいません。

46歳という若さで病死されており、家族だけで密葬されました。

森喜朗の娘

森喜朗元総理の娘は、藤本陽子さんで名前からわかる通り結婚されています。

夫は実業家である藤本真佐さんのようです。

スポンサーリンク

森喜朗の両親を調査!

森喜朗元総理の父親は森茂喜さん、母親は森秋子さんといいます。

森喜朗の両親①父親

森喜朗元総理の父親は、地元石川県根上町長をされており、当時は町民から圧倒的な支持を受けていたそうです。

後述していますが森喜朗元総理の祖父も町長だったので、政治家としての力はしっかり受け継がれているようですね。

戦争にも参加しており、当時は陸軍中佐まで昇級したのだとか。

中佐まで昇級したあたりに優秀だったことがわかります。

出身大学は早稲田大学法学部なので、頭も相当よかったのでしょうね。

森喜朗元総理同様にラグビーが大好きなようで、大学時代はラグビー部で活躍されていたようで、文武両道だったようですね。

79歳で死去されており、喪主は息子の森喜朗元総理が務められました。

森喜朗の両親②母親

森喜朗元総理の母親ある森秋子さんについては、職業などの情報はありませんでした。

2010年に83歳で死去されており、喪主を息子である森喜朗元総理がされたようです。

スポンサーリンク

森喜朗の家系を調査

森喜朗元総理は先祖は代々庄屋の家系でした。

庄屋とは名主と同意味で町の代表者のことを指しますので、先祖から名家だったことがわかりますね。

ちなみに森喜朗元総理の地元は石川県能美市です。

地元では土地も多くもつ地主なのかもしれませんね。

森喜朗の家系①祖父

森喜朗元総理の祖父である森喜平さんは、石川県能美市町長でした。

つまり政治家だったわけで、森喜朗元総理は政治家が小さい頃から身近にいた環境だったようですね。

なので将来の選択肢の一つに政治家という道がでやすかったのかもしれません。

森喜朗元総理の祖父は28年間も町長に就任されたことからもわかる通り、その影響力は大きかったようです。

94歳で死去されていますが、多くの人がその死を悼みました。

森喜朗の家系②兄弟

森喜朗元総理には弟がいますが、名前はわかりません。

森喜朗元総理の弟の職業は外科医師のようですね。

政治家ではないようですが、医者であるあたりに頭は相当いいのでしょう。

森喜朗の家系③姪の夫

森喜朗元総理の姪の夫が参議院議員の岡田直樹さんです。

過去に官房長官を務めてられ、政治家としての地位もあります。

岡田直樹さんの父親は北國新聞元社長だったこともあり、森喜朗元総理の家系は大変重鎮が多いように思えます。

スポンサーリンク

森喜朗の子供は何人?息子と娘は誰?両親など家系図を徹底調査!

森喜朗元総理の子供は2人で息子と娘がそれぞれいます。

息子は病死していますが、娘は結婚されています。

森喜朗元総理の家系は祖父・父親・姪の夫・息子と政治家をされており、それぞれでご活躍されていたようですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク