人物

るろうに剣心の佐藤健の運動神経がヤバい!スタントなしの驚異の動画あり

るろうに剣心の佐藤健さんのアクションシーンがヤバいと話題になっていますね!

スタントなしというびっくり事実の中、佐藤健さんの運動神経のヤバさが表現された映画でもありました。

そこで、実際の佐藤健さんのアクション動画まとめ+運動神経がなぜいいのかの理由を徹底調査しまとめました!

海外でも認められている佐藤健さんのアクションシーン。

その謎を深掘りしていきます!

るろうに剣心の佐藤健の運動神経がヤバい!スタントなしのアクション動画

実写映画「るろうに剣心」は現在3作公開されており、2021年に4作目が公開予定となっています。

今回は3作品の中での佐藤健さんのアクションについて語ります。

2012年公開:1作目「るろうに剣心」

2014年公開:2作目「るろうに剣心 京都大火編」

2014年公開:3作目「るろうに剣心 伝説の最期編」

すべて、CGなし・編集なしの生演技です

運動神経がヤバい!アクション動画①

さっそく佐藤健さんの凄すぎるアクションシーンを見てきましょう。

これが生演技でスタントなしだと思うと、佐藤健さんの運動神経が相当いいことがわかりますね。

運動神経がヤバい!アクション動画②

↑神木隆之介さんも生演技の実速度・・・どうなってるのこれ。

運動神経がヤバい!アクション動画③

この凄まじいアクションシーンの撮影は、朝の4時頃までかかったそうです↓

外印役の綾野剛さんは疲労のあまり「よく覚えていない」と言われており、過酷な中、生演技でこのアクションを仕上げたことになります。

凄すぎます!

運動神経がヤバい!アクション動画④

1:24あたりから円を描き草場ギリギリで走っているような、全力疾走がありますが、どうなっているのでしょう・・・。

このシーンでは「スパイク型の地下足袋」(ホームセンターにある4,000円)をはいたから成功したそうです。

佐藤健さんすげぇ・・・となるアクションシーンばかりですね。

スポンサーリンク

るろうに剣心佐藤健のアクションの秘密

なぜここまで佐藤健さんのアクションシーンが話題かつ迫力なの?という秘密について調べてみました。

佐藤健さんのアクションによりリアルさが出ているのは、すべて佐藤健さんの実演技だからです

アクションシーンを撮影する際は、大体スタントマンがいることが多いのですが、佐藤健さんはスタントマンはおらず、すべて自身で演技されているのです。

佐藤健さんは、「役者生命が終わる位の覚悟で本気で斬り合っているように練習した」と言われており、まさに俳優の本気とはこの事ですね・・・。

佐藤健さんは「るろうに剣心」の演技のため、足の使い方や剣の構え方など勉強したようです。

佐藤健さんは原作の「るろうに剣心」の大ファンなようで、その主役を務める事に相当な覚悟で挑まれたようですね。

スタントどころかCG・早回しなし!佐藤健の本気

アクションシーンにはCGも使われることがありますが、佐藤健さんのアクションでは使われているのはワイヤーのみなんです。

つまりCGなし、早回し編集もなし、です。

あのアクションのすべてが佐藤健さんの実速によるものなのです。

凄いというか逆に恐ろしいレベルの運動神経と演技力ですね・・・。

屋根を全力疾走するシーンや壁走りシーンがありますが、それはワイヤーすら使っていないとのこと

佐藤健さんの運動神経がどれほど優れているか、「るろうに剣心」でよくわかりますね。

監督も絶賛な佐藤健のアクション

佐藤健さんのアクションは監督も「ミラクルだ!」と驚程です

↓のアクションシーンで、

佐藤健さんが壁を蹴る→宙返り、の最中に木刀を蹴る→着地して木刀をキャッチするシーン(1:37あたりの一瞬)があります。

このシーンを佐藤健さんは一発で成功されたそうです。

ミラクルと監督がいうわけです。

スポンサーリンク

るろうに剣心の佐藤健の運動神経がヤバすぎな理由

結論からいうと、佐藤健さんの運動神経がヤバいのは、ブレイクダンス・野球・少林寺などを小さい頃にしていたからです。

佐藤健さんは小学生の頃に野球や少林寺をされており、少林寺に関しては黒帯まで習得したようです。

これだけで佐藤健さんが小さな頃から運動神経がよく、身体が鍛えられていたことが想像できます。

さらに高校時代は、授業や恋愛よりも熱中していたブレイクダンスをされています。

「仮面ライダー電王」では、佐藤健さんの生ブレイクダンスを見ることできます。

これにより更に身体能力や体力が上がったのでしょう。

どれも体力や運動神経が求められる競技ですのでこの3つで佐藤健さんの今の運動神経はできあったのだと思います

運動神経だけでなく身体づくりもしている

佐藤健さんは、アクションシーンに耐えるために身体作りもされているようです。

「亜人」では筋トレと食事制限をされていた経緯があり、実写映画「るろうに剣心」でもおそらく役作りをされているでしょう。

この様な努力もあり、「るろうに剣心」のアクションシーンを実現されているのだと思います。

アクションは得意じゃない

世間が認めるアクションシーンを演じる佐藤健さんですが、自身はアクションが得意だと思っていないようです

その謙虚さも素敵ですが、これまでのアクションシーンをみる限りは、全然そうはみえませんね。

むしろ自慢してもいいレベルですね!

さらにいえば、佐藤健さんのど迫力のある、アクション映画はこれだけではありません。

2017年に公開された「亜人」でも、凄まじいアクションを見ることができます。

亜人の監督も、佐藤健さんのアクション演技とその姿勢をべた惚れしたのだとか。

スポンサーリンク

るろうに剣心佐藤健のアクションの世間の評価

SNSでも佐藤健さんのアクションシーンは絶賛の好評価となっています。

生の人間がリアル演技をしているので、「アニメよりもすごい」という声まで上がる程の絶賛ものです。

スポンサーリンク

るろうに剣心の佐藤健の運動神経がヤバい!スタントなしの驚異の動画ありまとめ

いかがでしたか?

実写映画「るろうに剣心」での佐藤健さんのアクションに関してまとまめました。

佐藤健さんのアクションシーンが凄すぎて、佐藤健=アクション俳優となる勢いです(笑)

次の4作目でも、ファンを楽しませてくれるアクションを見せてくれるのでしょうね。

楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク