菅田将暉

菅田将暉の声優は下手?映画の評価はひどいのは本当?徹底調査!

実力派俳優の菅田将暉さん。

菅田将暉さんは、あるアニメ映画で声優をされていましたが、

映画の評価に「下手」「ひどい」といったものがありました。

演技力が抜群な菅田将暉さんなので、

声優としての演技も期待してしまいましたが、

本当に菅田将暉さんは下手なのでしょうか?

世間の声を含めて、徹底調査してみました!

菅田将暉の声優は下手でひどい?

映画のでの評価

菅田将暉さんの初声優の仕事は、

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主役、

島田典道役です。

2019年には、「シャザム!」の主役シャザム役を吹き替えています。

この2つの作品映画の評価を調べてみると、

「下手」と感じる人は多いのが現状です

実際下手なのか?聞いてみよう

他の声優も混じって少しわかりにくいですが、

いかがでしたか?

個人的には、棒読みかな・・・っと感じてしまう所がありました。

ただ、本編をみると逆に初々しさにリアル感があってよい、

と思う場面もあります。

↓のような肯定的な意見もありますし、

一概に「下手」と決めつけるのはよくないでしょう。

最終的な結論としては、賛否両論ということでしょうね

なぜ下手といわれるのか?

声優としての経験不足

経験不足から、「下手」と感じることに繋がったのだと思います。

仮面ライダーにて声だけの出演はあるものの、

アニメの声優としては、「打ち上げ花火」が初めてです

「シャザム!」でも、声優としては2作品目ですし、

俳優と声優は演技をする、という所は同じものの、

声だけで表現する声優は、俳優とはまた違う難しさがあるのでしょう。

いきなり主役、脇役はベテラン

演じた役と周りのキャストにも原因があったと思います。

初映画で演じたのは主役かつ、

脇役はベテラン声優ばかりでした。

主役は目立ちますし、演じる場面も多いです。

そこに脇役でベテラン声優がくると、

菅田将暉さんの声に違和感を感じてしまうのは、

仕方がないことだと思います。

菅田将暉の声優は下手?映画の評価はひどいのは本当?徹底調査!まとめ

いかがでしたか?

菅田将暉さんの声優としての演技には、

下手と感じる人が多いのは事実です

ですが、初声優としての仕事ですし、

経験不足や周りの声優がベテランだったことも、

下手と感じる原因だったと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク