お返し

ホワイトデーのネックレスには重い意味がある!アクセサリーは注意が必要!

こんにちは、かわレイです。

この記事ではホワイトデーのお返しにネックレスを選ぶと重い意味があること

アクセサリーのお返しには注意が必要なことをまとめています。

ネックレス含めたアクセサリーは女性のファッションの一部のため、

男性からすると贈ると喜ばれるものとして認識されていると思います。

ですがその意味を見てみると結構「重い系」が多いので、この記事をみて渡す際は意識してみてくださいね!

ホワイトデーのネックレスには重い意味がある!

結論からいうと、

相手を独占したい」「束縛したい」をいう意味があります。

「ネックレスは肌身離さずつける物」の一つなのでこのような意味があるのだとか

渡したい人が束縛系の相手ならよいですが、そうでないなら重く感じる意味なので注意が必要です。

ただ本命なんだよ!と強く相手に伝えたい時はアクセサリーがよいかもしれませんね。

そしてネックレスをもらったあなた。

相手は貴方にこのような思いをもっている可能性があるのでさりげなく確かめてみましょう。

ホワイトデーでアクセサリーをお返しにする時は注意が必要!

ネックレスに限らずアクセサリー全般は「肌身離さずつける物」です。

ですのでネックレスと同じような重い系の意味合いをもっています

ホワイトデーのお返しの物には意味がある、という事は世間では多くの人が知っていますし、

女性はこういう意味を気にしたり意識する傾向があるので渡す際は意味合いを知っておくのは大事だと思います

順番に見ていきましょう!

ピアス、イヤリング

ピアスにもネックレス同様「相手を独占したい」という意味があります。

ある意味ネックレスよりも付ける頻度は高めのアクセサリーだと思うので、渡す際は本命にしましょう。

ブレスレットやアンクレット

 

意味として「束縛したい」「自分の元から離さない」です。

なんだかネックレスよりも重い意味に感じますね・・・

ブレスレットやアンクレットなど円環状の形のアクセサリーは、

「手錠」をイメージされるためこのような意味があるのだとか

まぁいい意味でとれば渡す側からするとそれだけ自分は貴方を好きなんだよ!と伝えられますし、

もらった方がそれだけ思われていると感じることができるとは思います。

指輪やリング

 

これらには「結婚」「永遠」をの意味があります。

指輪は結婚を前提でないと渡すことは少ないと思うので、大丈夫だとは思いますが、

リングも指輪と同じ意味となるので注意ですね。

結婚を考えてない人には渡すアクセサリーではありません

通りがけの男性
通りがけの男性
束縛系ばっかりなんですけど、アクセサリーってほんとに全部こんな意味しかないの?

と思った人もいるのではないでしょうか?

↓では比較的束縛感がなしアクセサリーをご紹介しますね!

スポンサーリンク

時計は一番注意が必要ない!

意味は「あなたと同じ時を刻みたい」ということ。

これはお返しとしては恋人に限らず家族が友人などにもあげられる内容ですね。

これからも一緒にいたい、という解釈もできるので。

どうしてもアクセサリーをあげたい!という人は時計を渡すのがオススメです!

値段にも注意?

これまでアクセサリー全般の意味をみてきましたが、

アクセサリーをあげる際はその値段にも注意が必要です

あまりに高価なものを買うと、今後のホワイトデーでその値段レベルの物を相手が求めてしまう可能性があるのでよくありません

ですが逆に安すぎるのもよくありません。

女性はブランド物が好きですし相手の目も気にしますので、

あまりに安物感がでているとつけてくれないです

ですのでネックレスの相場としては5,000~15,000円くらいの物をあげるとよいでしょう。

よくわからん!という人は4℃やTIFFANY(ティファニー)など有名店で買うと失敗はしないと思います。

お店の人に聞いてみるのもいいですね。

ホワイトデーのネックレスには重い意味がある!アクセサリーは注意が必要!まとめ

いかがでしたか?

ホワイトデーのネックレス含め、アクセサリー全般は「相手を独占したい」などの束縛系の意味をもっています

ちなみにぬいぐるみも同じような意味があるので注意が必要です。

相手に対して強い思いがあるのであれば渡してもよいかもしれませんが、

そうでないなら軽はずみに渡すと勘違いするかもしれないので注意が必要です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク