人物

ハラミちゃんの会社はどこ?元職業を調査!100社受けてブラック企業就職?

今注目のポップスピアニストのハラミちゃんですが、以前は会社員でした。

務めていた会社はどこ?会社名は?職業はなんだったの?と気になったので徹底調査しました。

するとハラミちゃんの就活活動の凄さと、就職中に病んでしまった内容にびっくり!

100社受けたハラミちゃんの行動力や、会社をやめた理由について深掘りしていきます。

この記事でわかるハラミちゃんのこと

  • 元職業と会社はどこにあるのか
  • ブラック企業で病んでいたのか?
  • 辞めた理由

ハラミちゃんの会社はどこ?元職業の会社名を調査!

結論からいうとハラミちゃんの会社はどこなのか、元職業は何かはわかりません

ハラミちゃんが公表している範囲では「一般企業」「総合職」と言われており、音楽とはまったく関係のない職業のようです。

以前スッキリにて「事務職?」と聞かれた際に「企画職総合職」と言われています。

企画職とは商品の企画や宣伝・広告活動などの役職といい、マーケティングなどの専門知識も必要なのだとか。

ハラミちゃんはユーザーの意見を聞く仕事をしており、会社に入社してからパソコンを使うようになったそうです。

慣れるまでは相当大変だったでしょうね・・・。

会社名も公表されていないので、もしかしたらメジャーな所なのかもしれませんね。

就活では100社受けてた!

ハラミちゃんは一般企業会社に就職するために、就活として100社以上の企業説明会にいったそうです。

というのも大学までハラミちゃんは音楽のプロになろうと思っていたので、それまで音楽以外の職業を考えていなかったのでしょう。

出身大学も音大なので、一般企業の情報がなく色々と苦労したようです。

  • 一般大学に潜り込む
  • アポを取りのため出待ちをする
  • 相手にSNSでメッセージを送る

こうした結果、なんとか会社就職ができたようです。

面接でも「音大の人がなぜ?」と疑問を投げかけてくる人もいたそうですよ。

ちなみにハラミちゃんの両親は愛情深い人達のようで、ハラミちゃんの一般企業の転職も反対せずに受け止めてくれたそうです。

詳しくは「ハラミちゃんの両親や兄弟を調査!兄もピアニスト?実家の場所は関西!」にまとめているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ハラミちゃんの会社はブラック企業?病んだ原因?

結論からいうと、ハラミちゃんの会社がブラック企業ではありません

本人が言われておりハラミちゃんは努力家な性格もあって、精神的に参って引きこもった時期があったようですね。

会社がブラックだったとかそういうことじゃなくて、周りの人にはとっても恵まれていたのですが、勝手に期待以上応えなきゃと自分で自分を追い込んでしまって、体を壊してしまったという感じで。

出典元:bizSPA!フレッシュ

「期待に応えないと!」という思いと、元々のとことんやるという努力家な部分からかなり無理をしていたようです。

休日にも会社に自主的に出勤する中、毎日していた7~8時間のピアノ練習もしていたのだとか。

これは身体を壊してしまいますね・・・。

結果的に「家族としか喋れない」レベルに落ちていたそうです。

今の元気なハラミちゃんからは想像がつきませんが、かなり苦労されたようですね。

辞めた理由は会社の同僚

ハラミちゃんのピアノレベルの記事でも書きましたが、病んでいたハラミちゃんを救ってくれたのが会社の同僚です。

同時にハラミちゃんが会社をやめるきっかけを作った人で、同僚のアドバイスでハラミちゃんはピアノの世界に戻る決意をし、会社をやめたのです。

今のハラミちゃんがみれるのも、その同僚あってだと思うと、ハラミちゃんにとって恩人とも言える人ですね!

スポンサーリンク

ハラミちゃんのプロフィール

ハラミちゃんのプロフィールをまとめます。

本名:不明

生年月日:不明

出身地:関東

身長:145㎝

ハラミちゃんのプロフィールはあまり公開されていません。

ピアノ歴として4際から始めて音大に進学し会社に就職した後も続いているので、おそらく20年以上はあると思います。

ハラミちゃんのピアノの経歴については「ハラミちゃんのピアノは雑で下手すぎ?国立音大出身の経歴が波乱すぎる!」にて詳しくまとめているので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ハラミちゃんの会社はどこ?元職業を調査!100社受けてブラック企業就職?まとめ

  • ハラミちゃんの会社はどこか不明。元職業も非公表。
  • 公表しているのは総合職だったこと
  • 就活では100社以上の説明を聞き、かなり努力して就職した
  • ブラック企業だったかは不明だが、頑張れすぎて心身ともに身体を崩す
  • 同僚に救われ再びピアノの世界に戻る

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク