アナと雪の女王2

アナ雪2クリストフの歌いらないとの声多発?ネットの反応を調べてみた!

こんにちは、かわレイです。

1月24日ミュージックステーションで「アナと雪の女王2」での挿入歌であるクリストフの歌が初歌唱されますね!

クリストフの歌で調べてみると「いらない」とのワードが。

クリストフの歌がいらないとの声が多いのでしょうか?

気になったので調べてみました!

ミュージックステーションの当日のネットの反応も後日更新しますね!

アナ雪2クリストフの歌いらないとの声多発?ネットの反応

人気キャラクターの一人であるクリストフ。

アナへのプロポーズのために奮闘していた中でアナ達において行かれた際にクリストフが歌った曲が、

ソロ曲「恋の迷い子」

曲名通りアナに淡い恋心を抱いているクリストフの葛藤の気持ちを表現した曲になります。

声優は原慎一郎さん。主に俳優として武代で活動されている人です。

舞台が主だからなのか、声の伸びが良い感じだと思います。

そんなクリストフのソロ曲のネットの反応を見てきましょう。

アナ雪2クリストフの歌いらないとの声多発?

いらない、という声は実際にありますが、見る限りそれほど多い印象は受けませんでした

また真面目に言っているというよりはいらない(笑)くらいの軽い意見が多かったですね

ですのでクリストフの歌自体が否定されているわけではないようです。

では他のクリストフのネットの声を見てきましょう。

アナ雪2クリストフの歌ネットの声

クリストフの曲がおもしろい、うけた!という声が多少みられますね。

歌を聞く限り雰囲気的にアナ雪と少しかけ離れてる?感じがするのと、歌っていたクリストフの演出が斬新というかなんというか、

それが影響して笑いに繋がったのかもしれませんね。

実際に原語版声優さん達も笑いに包まれていたようで、

オラフ役声優さんが「もっとも笑える曲」と絶賛していたのだとか。

曲自体もバラード感が出ていますね。

ただ真面目に聞くとアナへの真剣な気持ちが表れていて素敵だと思います。

このように好意見の声も多いです。

純粋に曲が素敵!という人もいればおもしろいからいる!という人もいるようですね(笑)。

ただミュージックステーションの出演が決まったくらいですから、

それなりに世間の評価と人気があったのだと思います。

クリストフの歌は笑い狙いだった?

クリストフの曲はどうやらあえて楽しいものにしていたようです

エルサとアナの思い事実がわかり物語のダークな部分がでていたからこそ、子ども達のことも考え楽しい場面を制作側は入れたかったようです。

ただクリストフ自身は真面目に歌っているので、

真面目なものと笑える楽しいものという両極端のバランスのとり具合が大変なシーンだったようですね。

原語版の声優さんも苦労したようです。

「いらない」との声もありますがあの少ない歌のシーンには、

制作側と声優さんの苦労の末に生み出された場面なのでそう思ってみるとまた面白いかもしれませんね。

ミュージックステーションでのクリストフの歌のネットの声は?

高評価のようですね!!

さすがに劇中の演出はなったですが、後ろの演出画面もよかったです!

むしろMステでの画面映像の方が真面目さ?がでていて真剣に聞けたというか(笑)。

原慎一郎さんの声も素敵でしたね!1

アナ雪2クリストフの歌いらないとの声多発?ネットの反応を調べてみた!まとめ

いかがでしたか?

クリストフの歌をいらない、という声もありましたが、それほど多くはありませんでした

むしろおもしろいからいる!との好意見も多いようで、

制作側も面白さも感じてほしくて作った場面と歌のようなので映画では真面目に聞きつつ笑いましょう!

歌単体では真剣に行くとクリストフの心境がわかって素敵だと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク