宮野真守

宮野真守の声優歴まとめ!デビューからブレイク、現在までを調査!

声優としては大成功しているといってもいい宮野真守さん。

そんな宮野真守さんのこれまでの声優人生、

声優歴が気になりました

デビューしたきっかけやブレイク作など、

宮野真守さんの声優歴がどれだけ長く、

どんなものであったのか深掘りしていきたいと思います!

宮野真守の声優歴まとめ

宮野真守さんの声優歴は、2020年現在19年となります。

19年もの間、数々の代表作に出演してきたベテラン宮野真守さん。

その声優歴を振り返ってみましょう。

声優歴①デビュー

2001年海外ドラマ「私はケイトリン」で、

グリフェン・ロウ役としてデビューしました。

これはオーディションで合格したようですね。

当時宮野真守さんは高校3年生で、

「声優」という仕事に戸惑ったようですが、

いい経験ができて幸せだった」と当時を振りかえり言われていました。

声優歴②声優として知名度をあげる

デビュー作後声優の仕事がくるようになり、

2002年「真・女神転生Dチルドレン ライト&ダークアキラ役で、

アニメデビューします。

そして、同年PlayStation2用ゲーム「キングダムハーツ」で、

主要キャラの「リク」役を演じたことで、知名度があがりました

キングダムハーツは人気ゲームであり、

ここでファンを多くつかんだのでしょうね。

声優歴③ブレイク

2006年「DETH NOTE」主人公夜神月(やがみ らいと)役が

宮野真守さんのブレイク作となりました。

原作を漫画とする「DETH NOTE」は、

映画やドラマなどで作品が広がっているので、

キャラクターと宮野真守の声のマッチング具合や

演技力が多くの視聴者に見られ、ブレイクへと繋がったようです

翌年2008年には声優アワードなどを受賞されています。

当時漫画が人気だった2006年「桜蘭高校ホスト部」の須王環役もしており、これもブレイクに歯車にかけたかもしれません。

↓で実際に夜神月役と須王環役の声を聞いてみましょう!

声優歴④声優としての地位を完全獲得

2007年「機動戦士ガンダム00」の主人公刹那・F・セイエイを演じ、

声優としての地位を不動のものにしました。

「00」はガンダムシリーズでも人気があり、

映画化もされているので、さらに多くのファンをつかんだのでしょう。

今では、多くの人から演技派声優として支持されています

声優歴⑤現在の活動

2007年以降、主人公や主役級のアニメ・ゲームキャラを演じながら、

「ハリーポッター」シリーズのパーシー・ウィーズリー役など、

海外映画やドラマの吹き替え、テレビのナレーションを務めたりと

精力的に活動されています。

宮野真守の声優歴まとめ!デビューからブレイク、現在までを調査!まとめ

いかがでしたか?

宮野真守さんはデビューからブレイクまでの時間が短く、

それだけ演技が上手いということなのでしょう。

現在は俳優や歌手としても幅広く活動されており、

これからも期待できます!

▼あわせて読みたい宮野真守記事▼

ご閲覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク