シンデレラ(2015)

シンデレラ映画ネタバレ!結末までを感想交えて考察!アニメとの違いは?

2015実写映画「シンデレラ」の結末までを感想交えて考察しご紹介します。

「シンデレラ」にはアニメ版がありますが、

映画版の「シンデレラ」はアニメと結構違う点がありますので、それもあわせてまとめています。

結末はわかっているものの、映画「シンデレラ」は演出もキャストも素敵なので、物語にグッと吸い込まれて見れます。

盛大にネタバレしていますが、映画「シンデレラ」の良さが伝われば幸いです。

シンデレラ映画ネタバレ!結末までを感想交えて考察!

シンデレラ映画のあらすじ

「シンデレラ」というストーリーをざっくり説明しますね。

エラという幸せな家庭に生まれた少女は、

母親を亡くした後、家族となった継母と義理の姉たちにひどい扱いを受けます。

しかし彼女は王子と出会い、妖精の力を借りて舞踏会に出て王子と踊ります。

そして置いてきたガラスの靴により、王子と結ばれるラブストーリーです。

シンデレラ映画の結末までの物語

では内容を「シンデレラ」の物語を詳しく見ていきましょう。

シンデレラの幸せは長く続かない

エラ(シンデレラ)は町外れの屋敷に暮らす夫婦の一人娘です。

美しい母と商人である父、使用人達に愛され、動物たちと共にすくすくと育っていました。

エラの母は「フェアリーゴッドマザー」の存在をエラが小さい頃から語っていました。

しかし母は体調を崩し、エラに「どんな時も勇気と優しさを忘れないこと」を約束して亡くなってします。

その後母との約束を忘れず、優しく美しい娘に育ったエラに新しい家族ができます。

それが父が旅先であったトレメイン夫人とその娘の2人でした。

父の幸せのためならばと再婚を許したエラ。

エラの父は仕事で家に不在のことが多い

しかしトレメイン夫人や娘2人はエラに冷たく接し、再婚してから毎晩の様にパーティを開いていました。

そしてエラの父が仕事で不在の際、エラを屋敷裏部屋に追いやりました。

トレメイン夫人は娘2人の部屋が狭いとエラに話し、

自分の部屋を使ってもいいと言ったエラの優しさにつけ込んだのです。

小さな頃から一緒のネズミなどの動物たちの存在と、

父から届く手紙だけが心のよりどころだったエラに、ある日父が亡くなったという知らせが届きます

感想と考察

物語のキーである「勇気と優しさ」「フェアリーゴットマザー」はエラの母が教えようですね。

幸せな家族が壊れていくのが、見ていて悲しかったです。

生まれたシンデレラ

エラの父が死に、いよいよトレメイン夫人のエラに冷たくあたりました。

トレメイン夫人はエラの家の使用人をすべて解雇して、その仕事をすべてエラに押しつけました

食事の同席も許さず、エラを召使いのように扱いました。

そして意地悪な姉達は、エラのことを 「灰まみれ」「シンデレラ」とあだ名を付けあざ笑っていました。

感想と考察

この悪ども!と思うほど、トレメイン夫人や姉達のいじめは酷かったです。

シンデレラ、というのが本名ではないのがなんだか新鮮でした。

あくまでも、エラという一人の少女の物語と感じてほしかったのでしょうか。

辛い日々での出会い

酷い扱いに嫌気がさしたエラは、馬に乗り森へ駆け出しました。

そこで、鹿の狩りをしていたキット王子と出会います

お互いの素性を明かさず、話をするキットとエラ(シンデレラ)。

キット王子は自分のことを宮殿の見習いだとエラに伝えます

キット王子は酷い扱いを受けているも、勇気と優しさを忘れないと話すエラ(シンデレラ)に、

エラは自分の考えに賛同し、優しくしてくれたキット王子に惹かれます。

王子の迎えの声が聞こえたため、二人は互いにまた会おうと約束し、別れたのでした。

感想と考察

お互い一目惚れだったのでしょうね。

馬を回しながら話す姿が、初々しくて素敵でした。

王子の思い

宮殿に戻った王子は、死期が近い父より政略結婚を勧められます。

しかしエラの事が忘れられないキットは、お見合いも兼ねた舞踏会をひらく条件として、

平民の未婚女性も招くと言う交換条件を出しました。

その条件は承諾され、舞踏会の話はたちまち街へ広がりエラの元にも届きました。

また会いたい

エラは宮殿にいるキットに会えると喜び、亡き母のピンクドレスを自分用に仕立てなおしました。

継母や姉達も当然舞踏会に参加するので、ドレスを着てエラもついて行こうとしましたが、

そんなボロなドレスの娘は連れて行けないと、エラ(シンデレラ)のドレスも破ってしまいました

感想と考察

ピンクの姿を着ているエラは美しかったので、ドレスが破かれたのも嫉妬心からくる行動だったのかもしれません。

お茶目なフェアリーゴッドマザー

悲しみに暮れるエラ(シンデレラ)の前に、牛乳とパンを求めた老婆が現れます

優しく努めようとするエラでしたが、悲しみが勝っていました。

そんなエラに老婆はフェアリーゴッドマザーの話をしますが、

エラはそれはおとぎ話だといい、「あなたは誰?」と聞きます。

すると老婆は「わかるはずだよ」と言い、杖を空にほおり投げました。

そして杖をつかむとそこには美しい姿が。

そう、彼女はフェアリーゴッドマザーだったのです

フェアリーゴッドマザーはお茶目さを全面に出しながらも、

エラにかぼちゃを馬車に、ネズミを白馬、トカゲを従者、ガチョウを御者に次々と変えていきました

感想と考察

フェアリーゴットマザーは思った以上のお茶目さがあり、見ていて笑った人も多いのではないでしょうか。

動物たちが姿を変えていくのも、リアルな動きがあって現実味がありました。

美しいシンデレラのドレスと靴

舞踏会に行く準備はできましたが、破られたドレスではいけないと話すエラ(シンデレラ)。

母のドレスを着ていくことで、母も連れてきたいと話すエラ(シンデレラ)に、

フェアリーゴッドマザーは「ちょっと手を加えたらお母様は怒る?」と話し(エラは否定します)、

エラ(シンデレラ)のドレスを美しいブルーのドレスへ変えてくれました

そしていざ、舞踏会へ!と馬車にのる間際に、シンデレラのボロボロな靴に気づいたフェアリーゴッドマザー。

これはいけないとガラスの靴に変えてくれます。

継母や姉達に気づかれないようにフェアリーゴッドマザーは魔法もかけてくれました。

そして、12時の鐘が鳴り終わるまでに帰ってくるように言い渡し、エラ(シンデレラ)を送り出しました。

感想と考察

ドレスが変わる姿は、変身シーンと言われるほど美しい演出となっています。

ガラスの靴の演出も素敵ですし、音楽と相まって印象に残りますね。

再会と踊り、暗躍

その頃、舞踏会は始まりキット王子はエラを探していました。

そんな中で王の側近である大公は、国のために王子を他の国の姫と結婚されるため秘密裏に動いており、

継母が偶然にもその話を聞いていました

トレメイン夫人(継母)は、自分の娘達を王子と結婚させたいという企みがありました。

無事舞踏会に到着したエラはキットが王子だったことに驚くも、

周りの人々が道をあけ、2人は吸い寄せられるように向き合いました。

緊張し照れながらもエラ(シンデレラ)にダンスを申し込むキット王子。

そして2人は楽しく踊り始めました。

感想と考察

舞踏会でのダンスも、ドレスの揺れがリアルかつ優雅であり視聴者を楽しませてくれます。

よりリアルさを追求した結果なのでしょうか。

急ぎすぎて脱げたガラスの靴

ダンス後にキット王子とエラは舞踏会を抜け出しました。

キット王子の秘密の庭で楽しく話す2人ですが、12時の鐘が鳴ってしまいます

大慌てで城を向け出すエラ(シンデレラ)は、 慌てすぎてガラスの靴が一つ脱げてしまいます

  • エラはこの際、キット王子の父(国王)とも挨拶し、キットが陛下を愛している素晴しい人だと伝えました。
  • 王子はエラを追おうとしましたが、大公が王子を外に連れ出す罠だと衛兵にエラを追わせています

鐘の鳴る中急いで馬車を走らせて、エラと動物たちは家に着きます。

ただたどり着く前に、魔法が解けて元の姿に戻ってしまいました。

しかし雨の降る中、片方だけのガラスの靴を持って歩くエラは笑顔でした。

感想と考察

物語は知っていながらも、帰りまで間にあるの?大丈夫?と思うほどのばたばた感でした。

王子とエラの会話がゆったりしていたので、尚更そう感じさえるストーリー構成な印象を受けます。

王子と父との別れ

舞踏会後、王の死期がいよいよ迫りました。

政略結婚を勧めていた国王でしたが、最後はキット王子に愛する人と結婚しろ、と言います。

ガラスの靴を落とした娘を探し出せと言い、亡くなりました。

そしてキット王子は国王となったのです。

感想と考察

考えが変わった国王は、少し喋っただけのシンデレラに感じるものがあったのでしょうね。

キット王子をみる限り、国王と前女王こと妻は愛し合って結婚したのでしょう。

よい親子関係の姿と別れがありしんみりします。

継母の企み

王子はガラスの靴をもった娘は名乗り出るようにおふれを出しました。

それを聞いたエラは、隠していたガラスの靴を出しましたが、

トレメイン夫人に見つかりガラスの靴を破壊されます

エラは舞踏会の事を隠していた日記に書いていました

継母はその日記を盗み見て、エラが王子と踊った娘だと気づいたようです。

継母ことトレメイン夫人は、エラに王子と結婚したら自分や娘達を地位を与えろと話しますが、エラは拒否します。

そのためガラスの靴をとられ、屋敷裏に閉じ込められてしまいました。

トレメイン夫人はかつての国王の側近である大公に、

エラを閉じ込めておき、王子が他の国の娘と結婚するのを手伝うかわりに自分には地位、娘には良縁を要求しました

大公はその条件をのみました。

感想と考察

継母この野郎!と思うほど酷いですし、大公も悪です。

ただエラがいい子だから意地悪するという、継母はどんな人生を送ってきたのでしょうね。

王子、早く迎えにきてあげて!と思う場面でした。

友達の協力で王子に歌が届いた!

謎の娘が名乗り出ないので、靴を履かせる探し方が始まりました。

キット王子の使いは最後にエラの屋敷を訪れましたが、

当然トレメイン夫人は閉じ込めているエラのことを話しません

そんな折り、エラは屋敷裏の窓際で歌を歌っていました。

エラの友達であるネズミ達が協力して、屋敷裏の窓をあけたことで外にいた一団はエラの存在を知ります

トレメイン夫人は使用人の娘といい、王子の使いを中にいれませんでしたが、

一団の中に隠れていた王子が姿を現して、エラを会わすように言います。

感想と考察

エラの美しい歌声とかっこよく姿を出した王子がみれたので満足です。

王子と再会

キット王子と再会したエラ。

もってきたガラスの靴はぴったりです。

ぼろぼろの服をみせ、自分は平民であることを伝えますが、

キット王子の心は変わりませんでした。

思いが通じた2人は家を出て行きます。

その際、エラはトレメイン夫人に「あなたをゆるします」と告げました。

継母と姉達、大公は国を追放され姿を消しました。

感想と考察

平民である自分が受け入れるか不安になりながらも、「勇気」をもって話すシンデレラは健気でした。

最後にトレメイン夫人許しちゃうの!?と思いましたが、人を憎まず許せる心があるのがシンデレラですね。

ハッピーエンド

場面はエラ(シンデレラ)とキット王子の結婚日です。

前国王と女王の絵画を見ながら、「準備はいい?」と話すキット国王に、

女王となったエラは「勇気と優しさを忘れずに」と言い2人で民衆の前に立ちます。

2人の足下にはガチョウやネズミ達がいました。

そして2人はキスをして、民衆達に祝福されます。

最後にナレーションことフェアリーゴットマザーは、

エラとキット王子が民衆に平等でよき国王と女王になったと話し、

勇気と優しさと、ほんの少しの魔法 」という言葉で映画は幕を下ろしました。

感想と考察

シンデレラのウエディングドレスはとても素敵でした。

最後の締めくくりも最高で大満足です。

シンデレラ映画の感想~ネットの反応~

高評価が多いですね!

そんな実写映画「シンデレラ」を無料フルで見たいと思ったあなた!

U-NEXTなら字幕版+吹き替え版が無料でみれますので、要必見ですよ。

>>今すぐU-NEXT完全ガイドをチェックする!

映画シンデレラとアニメ版との違いは結構ある!

感動の実写映画でしたが、アニメ版と比較すると結構違いがあります。

そんな違いを見ていきましょう。

シンデレラの名前

まず名前から違います

アニメ版では本名も「シンデレラ」ですが

実写映画では「シンデレラ」は、意地悪な姉達がつけたあだ名であり本名は「エラ」です

なので実写映画は、シンデレラというよりはエラの物語といってもよいでしょう。

シンデレラのドレス

ドレスの色も違います。

アニメ版では白に近い銀色ですが、実写映画では青いドレスとなっています。

なぜ実写映画は青いドレスなのか、これには2つの理由が考えられます。

  • 青色=純潔、清純、幸せを表すから
  • ヨーロッパの「サムシング・フォー」の習慣(花嫁に4つのものを身につけると幸せになるとされるもの」の一つが「青いもの」だがら*他の3つは「古いもの」「新しいもの」「借りたもの」」

使用人の存在

実写映画「シンデレラ」では、シンデレラの父親が亡くなるまで使用人が何人かいました。

ですが、 アニメ版「シンデレラ」では使用人達が雇われてはいません。

シンデレラの父の再婚

シンデレラの父の再婚の時期も違います

実写映画では、トレメイン夫人との再婚は出会ってすぐの様子でしたが、

アニメ版ではシンデレラや姉の2人が成人になってから父親は再婚しています。

シンデレラのドレスを破く理由

実写映画では、シンデレラのドレスを破った理由はみずぼらしいドレスを着た娘はつれていけないというものでした。

ですがアニメ版では、シンデレラが着たドレスに姉達の布切れが縫い付けられているのを見て、

自分たちの持ち物が盗まれたと思った姉達の怒りからドレスを破かれています。

登場する動物たち

登場する動物たちは、アニメ版「シンデレラ」の方が多いです。

実写映画の「シンデレラ」ではシンデレラの友達として登場するのは、ネズミやトカゲなどの4匹ほどです。

アニメ版「シンデレラ」では猫や飼い犬など多くの動物が登場します。

フェアリー・ゴッドマザー

容姿や服装が違います

実写映画「シンデレラ」では、「フェアリー・ゴッドマザー」は最初こそ老婆ですが、

その後は若返っており、白と銀のドレスを着ていました

アニメ版「シンデレラ」では、「フェアリー・ゴッドマザー」は老婆のままであり、青いマントを着ています

大公の存在

実写映画「シンデレラ」では、悪役の位置にいた大公ですが、

アニメ版「シンデレラ」では友好的なキャラで、国王に振り回されたりと悪役ではないですね。

国王の存在

国王の生存の時期も違います。

実写映画「シンデレラ」では、キット王子の国王は病気で亡くなってしまいます。

しかしアニメ版「シンデレラ」では、キット王子とシンデレラの結婚式の際も死んでいません

ガラスの靴の違い

ガラスの靴を壊すタイミングが違います

実写映画「シンデレラ」では、シンデレラがもっていたガラスの靴はトレメイン夫人に破壊され、

キット王子の持っていたガラスの靴によってハッピーエンドとなります。

しかしアニメ版「シンデレラ」では、キット王子がもっていたガラスの靴を、

トレメイン夫人が使いを杖で倒して転ばせ、ガラスの靴を壊します。

ですが、シンデレラが隠し持っていたもガラスの靴によって、シンデレラはキット王子と結婚できるようになります。

シンデレラ映画ネタバレ!結末までを感想交えて考察!アニメとの違いは?まとめ

いかがでしたか?

実写映画「シンデレラ」の結末までは、ハッピーエンドはわかっていますが、

シリアスと少しのコメディが交じり先が気になる内容でした。

アニメ版「シンデレラ」とは結構違う部分も多いですが、

その点も実写映画ならではの良さをだしていたのと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク