ネタバレ

暁のヨナジェハの過去ネタバレと感想!壮絶で悲しい別れの物語!

大人気漫画「暁のヨナ」に登場するジェハ。

四龍の一人緑龍で、ヨナ達のお兄さん的存在であるジェハですが、

その過去が壮絶で悲しい別れの物語があったことをご存じですか?

チャラ男で変態的な面ももつジェハの過去について掘り下げていきたいと思います!

ジェハは自由を愛する人物ですが、過去をみるとその理由もわかってきます。

気になる人は是非見ていって下さいね!

ネタバレ注意です!

暁のヨナジェハの過去ネタバレと感想!

ジェハの里と先代との悲しい過去

ジェハは緑龍です。緑龍の力は「足」であり驚異的に跳んだり蹴ったりすることができます。

緑龍の里では、過去に里を抜け出した緑龍が原因で壊滅状態になったことがあり、緑龍の人間は足に鎖で繋がれて生活していました。

簡単にいえば監禁状態ですね。

ジェハはその状態を嫌い何度も逃走を試みましたが、結局は緑龍を監視する役目がある先代緑龍に捕まっていました

緑龍の先代はガロウといい、ジェハが生まれ死期が近づた恐怖でジェハを快く思わず殴ったこともあります。

ジェハが12歳になると、ガロウからジェハに力が完全に継承されたためジェハは鎖を切り里から脱出しました

その際に脱走をとめようと立ちはだかる緑龍の村人を抑えて、脱出を助けてくれたのがガロウです

ガロウは最後、龍神にジェハを守ってくれるように泣きながら願い息途絶えました。

ジェハは脱出時にガロウと共に行くつもりでしたし、なんだかんだジェハとガロウはお互いの事を大事に思い理解しあっていたのですね

そんな大事な人をある意味犠牲にしてジェハは念願の自由となったのです。

感想

子どもの頃から監禁状態にされていたら、誰だって自由がほしくなりますよね・・・

そんな自由と引き替えに仲はよくないですが自分に唯一近い、家族みたいな存在を失うったジェハには壮絶な痛みがあったことでしょう。

ジェハが今一人でないことを嬉しく思いますし、ガロウも喜んでいそうですね。

この物語はコミック第17巻の番外編で読めるので未読の人は是非見てくださいね。

ジェハと海賊の過去

里を抜け出したジェハは他の四龍から隠れながら各地を転々としていました。

そんな中で出会ったのが阿波の人々を救おうとする海賊の長のギガンです。

姉御で阿波の人々から慕われるギガンに惚れ込んだジェハは「空舞う海賊」に入りそこで戦っていました

アニメ放送にて多くの人々の心をつかんだイケメン婆さんことギガンやその仲間達の元で、ジェハは人間的に成長したのでしょうね。

最後はヨナ達についていく為に別れることになりますが、ギガンも了承の上であり、切なさは残りつつも笑って送り出してくれました。

感想

ジェハを小僧と呼ぶギガンですが、お互い親子のような家族のような関係でアニメでも素敵でした。

ギガンとジェハは言葉が少なめの別れでしたが、そんな所もお互いを理解しあっているようでいいなっと思います!

ジェハとヨナ達の物語

ギガンの元にいた中でジェハはヨナ達と出会いました。

最初こそヨナ達を拒んでいましたが、

阿波の港の平和を取り戻すために共に行動する中で、ヨナの覚悟や優しさに触れ魅了されていき、最終的には仲間になります。

ヨナを口説いたりハクに殴られたりしながらも、面倒見のよいお兄さん的立場でヨナ達を支えてくれる頼もしい人物ですね。

暁のヨナジェハの過去ネタバレと感想!壮絶で悲しい別れの物語!まとめ

いかがでしたか?

ジェハは小さい頃から監禁生活を送らされたり、近しい人を亡くしたりと悲しい別れの過去がありました。

ゼノの過去もそうですが、四龍の過去って重い系が多いですね・・・

物語の最後は彼らにとってハッピーであることを願うばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク