トイストーリー3

トイストーリー3ウッディのメモの内容の真相!ラストに繋がる感動メモ

映画「トイストーリー3」において、終盤にウッディのメモが登場します。

この記事ではウッディのメモの内容の真相と、

メモが繋げた感動のラストについて解説していきます。

ウッディのメモにより、アンディが最後の行動に繋がったような印象を受けるシーンがありますが、

どんな内容だったのか気になりますよね。

おもちゃ達とウッディの未来にも繋がったのではないかという、

ウッディのメモに迫っていきます!

トイストーリー3ウッディのメモの内容の真相

ウッディのメモって?

ウッディのメモは、おもちゃ達が無事アンディの元に戻った際、

アンディが段ボールで荷物の仕分けをしている際にでてきます。

ウッディは「大学行き」、それ以外のおもちゃ達は「屋根裏行き」の段ボールに入っていましたが、

ウッディが段ボールから出て黄色のメモに何か書き込み

「屋根裏行き」の段ボールの上に貼りました

その後、そのメモをみたアンディは、おもちゃ達をボニーに譲るのです。

見た感じによっては、ウッディからアンディへのメッセージに見えるメモですね。

ウッディのメモの真実

結論からいうと、メモの内容はボニーの住所です。

メモには、 「1225 SYCAMORE 」と書かれていますが、

これは住所なのです。

小説版では、シカモア1225番地ボニー・アンダーソンに寄付と具体的に書かれています

ウッディは、ボニーが家に連れて帰った際に、

ボニーのリュックに書いてあった住所を覚えており

「トイストーリー3」の中盤では、アンディの家を調べる際にボニーの住所を知ってたようでした。

どんなメッセージが!?と思ったら住所だけという・・・

何か違うメッセージを期待した人もいるのではないでしょうか。

ラストに繋がるウッディのメモ

ボニーの住所だけ書いたウッディの想いについて、少し考察します。

ウッディはアンディとママの別れの会話を聞き、

おもちゃとしての役目の終わりを感じ

離れていてもアンディと自分達は繋がっていると感じたのだと思います

だからこそ、ラストはウッディ達はアンディの元から離れ、ボニーへ渡ったのです。

ウッディの役目の終わり

人は誰でも成長していき、大人になるとおもちゃから手が離れていきます。

おもちゃであるウッディ達にとってはとても悲しいことですが、

アンディにとっては、大人になり成長したことになります

ママとアンディの会話からウッディはそれを感じ取り、

成長したアンディとって、おもちゃである自分のできることは終わった、

と思ったのではないでしょうか。

だからこそ、ウッディはアンディよりも「仲間」といることを選んだのだと思います。

もちろん、アンディがラストでいったように「友達を見捨てないところ」が、

アンディの一番凄い所ですから、純粋に「仲間」と一緒にいたい、

という思いもあったのかもしれません。

ウッディとアンディのスタート

別れたからといって、アンディの中から自分達の存在は消えるわけではなく、

互いの新しいスタートでもある・・・

ウッディはママとアンディの会話から、こうも感じたのではないかと思います。

だからこそ、自分も含めたおもちゃ達の行き先は、

役目を終えたアンディの元ではなく、新しい自分達を必要としてくれる人のへと考え

ウッディの黄色のメモが置かれたのでしょう。

アンディもそれを感じたからこそ、ウッディのメモの内容から、

自分とおもちゃにとって、一番いいスタートとしての方法を選んだのだと思います。

最後にアンディがおもちゃ達で遊ぶ姿や、おもちゃ達への想い、

ウッディの「あばよ、相棒」にすべて集約されている感じがします。

トイストーリー3ウッディのメモの内容の真相!ラストに繋がる感動メモまとめ

いかがでしたか?

「トイストーリー3」のウッディのメモの内容は、

ウッディ達の新しい持ち主となるボニーの住所が書かれていました。

ウッディの想いを受け取ったアンディから、

ボニーへウッディ達を譲るシーンは何度みても涙腺が緩みます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク