ネタバレ

フルーツバスケット由希と兄綾女の関係と兄のぶっとんだ伝説や名言!

この記事では、

  • 由希と実兄である綾女の兄弟関係について
  • 綾女のぶっとんだ伝説の数々
  • 綾女の名言

についてまとめています。

真面目で少し腹黒さもある優しい由希ですが、

兄の綾女は超自由かつテンション高めの人物ですね。

由希とは少しぎくしゃくした兄弟仲ですがその原因についてや、

綾女の自由で独創的な性格が生んだ伝説の数々についてまとめてみたので、ぜひ見ていって下さい。

フルーツバスケット由希と兄綾女の関係

由希と綾女の過去

結論からいうと、過去の由希と綾女の関係は冷めていました

綾女は自分の自由と引き替えに由希を犠牲にしていた

といっても過言ではない状態だったのです。

詳しく見ていきましょう。

兄弟と母親

十二支の中では特別な「鼠」憑きとして生まれた由希は、

母親の意向で幼い頃からあきとのそばにいることが多く、兄の綾女とは疎遠でした。

綾女の方も弟に関しては無関心でした。

綾女も十二支で「巳」憑きですが、

昔から自由人でありそんな綾女を両親も苦手としていたようです。

そんなわけで両親、特に母親は本家に気に入られるために由希への期待が更に高まりました

自由と由希と

由希の過去の記事にも書きましたが、

綾女と由希の母親も冷めた人物なので、家族仲は不仲だったといってもいいでしょう。

綾女も「自分の自由」がほしかったので、

母親の意識が弟だけにいくのは都合がよく、「弟を売った」ようなものでした。

一度だけ由希から、綾女に助けての意味もこめた手が伸ばされましたが、

綾女はその手を振りほどいたのです

綾女はそんな過去の自分の行動を後悔していました。

感想

今は由希大好き!感がにじみ出ている綾女ですが、過去の冷めように驚きです。

綾女も子どもで昔から弟との接触も少なかったので、自分を優先してしまったのは仕方がないことだったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

由希と綾女の現在

綾女は年を重ねた事で、過去の自分がどれだけ弟の由希に酷いことをしたのか理解しました。

透と2人になった時には、

これは後悔というより懺悔に近いかもしれない 懺悔して子供だった頃の無知な自分を無かったことにしたいのかもしれない

と話しています。

綾女は現在兄弟の溝を埋めたいと思っており

由希に対しては時に過激とも言える愛情表現を示していますが、

由希を勇気づける兄らしい面ももっています。

物語の後半の進路相談の際には、由希が母親からの冷たい言葉で自分の意見が言えずにいるときも、

綾女が乱入し由希の緊張をほぐしたりと兄らしい行動をしていました。

そんな綾女に戸惑いつつも、由希は綾女の店に自ら行きたいと言ったりと兄を理解しようと行動しています

由希と綾女の関係は、間違いなく良い方向へ向かっていますね。

感想

綾女はかなりのぶっとんだキャラではありますが、

由希への後悔と大切にしたいという思いは本物であり、節々にそれがでているのが素敵だと思います。

かつては冷めていた兄を理解しようとする由希も強い子だと思いますし、

ぎくしゃくしていますが素敵な兄弟で見ていてほっこりします!

フルーツバスケット由希と兄綾女のぶっとんだ伝説

綾女には過去にかなりぶっとんだ伝説があるので、それをご紹介しますね!

ぶっとんだ伝説①修学旅行

カリスマ性をもっていた綾女はかつては生徒会長を務めていました。

そんな中で修学旅行中に歓楽街へ行った生徒がいることわかり退学処分になりそうな所を綾女がとめようとしました

その内容が伝説といってもいいほどぶっとんだものだったのです。

最初は真面目に話していた綾女で先生も感心していましが・・・結果↓

「未成年という曖昧なレールの上で行き場の無い欲情を抱え込む青年たちに救いの手をのばそう!

これからはこのボクに欲情すればいいっ!!

生徒の欲情を生徒の代表であるこのボクが受け止めのは至極当然の行為っ!

出典元:フルーツバスケット4巻

という言葉で終わりました。

こんなぶっとんだ提案を当然のように話す綾女は凄いを超越していますね・・・

そして実際退学処分にならずにすんでいるあたりが(笑)。

ぶっとんだ伝説②学校と長髪

綾女の髪は特徴的ですね。

髪の色は地毛なので許可されていましたが、長髪に関しては教師から注意されていました。

ですがお得意のテンションと謎の説明続きで許可を得ることに成功しました。

ある意味頭がいいともいえるのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

フルーツバスケット由希の兄綾女の名言

上のように昔からぶっとんでいた由希の兄綾女ですが、真面目に話すこともあり、その言葉を時に胸に突き刺さるものです。

いくつかご紹介しますね。

大丈夫だよ 君は君が思っているほど独りなんかじゃないから

「無関心」にとられるのは こんなに寂しい事だったんだね

1番大切なのは自分自身の気持ちなのだから

君にない物をボクが持ちボクが無い物を君が持って生まれてきたのさ ボクは君の持つ弱さや優しさは とても尊いものだと思っているよ

ほとんどが由希にいった言葉ですが、聞いていてグッとくる言葉ですね。

フルーツバスケット由希と兄綾女の関係と兄のぶっとんだ伝説や名言!まとめ

いかがでしたか?

由希と兄の綾女はかつて冷めた関係でしたが、

現在はお互いを理解しようと交流し少しずつではありますが歩みよっています。

綾女はぶっとんだ伝説ももつ自由人ですが、

真面目な由希には正反対すぎていい刺激なのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク