ネタバレ

フルーツバスケットネタバレ!帽子をくれた男の子は誰?複雑な経緯がある!?

「フルーツバスケット」において透の初恋ともいえる帽子の男の子。

この記事では、

  • 透に帽子をくれた男の子の誰なのか
  • 帽子の複雑な物語

についてまとめています。

男の子の帽子は結構複雑というか、重なりみたいなのがあって透のもとにきています。

原作漫画やアニメ第2期をみれば答えはわかりますが、今すぐ知りたい!という人は是非見ていって下さいね!

フルーツバスケットネタバレ!帽子をくれた男の子は誰?

透がもらった帽子とは?

透が大事にもっている帽子について少し振り返りましょう。

透は幼い頃イジメにあっている時、迷子になったことがあります。

泣きじゃくっている透の前に表れたのが「帽子を被った男の子」です。

透がその男の子を追いかけると男の子は逃げてしまいますが、

透が転ぶと立ち上がるまでまっていて、透と追いかけっこのようなことをしていました。

そんな男の子が立ち止まったと思ったら、

男の子は追いついてきた透に、自分の顔がみえないように深く帽子を被せました

透が顔をあげると男の子はいませんでしたが、透は自宅前まで帰ってきていたのでした。

そんな経緯があり、いつか帽子を男の子に返したいという気持ちから今でも大事に持っている透

この男の子が初恋だったかも、と言っていました。

心細い時に自分をみてくれて、しかも最後は自宅まで送ってくれたとなると、惚れちゃうのもわかる気がします!

フルーツバスケットネタバレ!帽子をくれた男の子は誰?

では誰が「帽子をくれた男の子」だったのか?

結論からいうと、「帽子をくれた男の子」は由希でした。

ですがもっと詳しくいうと「帽子の持ち主」は夾だったのです。

詳しく説明していきますね。

帽子をくれた男の子

由希はネズミ憑きで生まれたために、猫憑きの夾からは恨まれており双方の仲は冷めていました

ある日、由希の前に風でとぼされた夾の帽子が落ちてきました

由希が帽子を拾ったとわかると夾は帽子を受け取らず立ち去ってしまいます。

由希と夾って幼少時はほんと冷めた関係だったんですね・・・。

由希はそのまま帽子を持ち帰りました。

由希の過去記事にも書きましたが、 当時の由希は家族から愛されず、

草摩でもあきとに追い詰められ自分の存在理由がない、と苦しんでいました。

そんな由希が帽子をかぶり家を飛び出した時にあったのが、迷子の透だったのです

自分に一生懸命追いかけてくる透をみて、今この子には自分しか頼れる人がいない、と自分の存在理由を感じる由希

家についた透に「がんばったね」と心の中で伝え帽子を被せたのです。

経緯はどうあれ、自分を必要としてくれた透に会えて、当時の由希は本当に嬉しかったのでしょう。

それこそ帽子をあげるほどに。

なぜ帽子の男の子になったの?

冷めた関係だった由希と夾ですが、夾の帽子を由希は捨てずに持ち帰り家をでる際は被っています。

その「帽子」が透を支えることに繋がり、最終的には「帽子の男の子」が透の中で誕生したわけですが、

なぜ由希は持ち帰ったのでしょうか?

考察の域になりますが、由希が夾の強さに憧れをもっていたからだと思います

「夾の帽子」を被ることで、強くて人を引きつける夾になれるのでは、という思いがあったのかもしれません。

帽子の持ち主の男の子

帽子の持ち主こと夾ですが、当時迷子の透を実は探していたことがわかっています。

詳しくは、夾と透の母との記事に書いているので参考にしてくださいね。

夾から始まった帽子は、由希に渡りそして透に渡ったという、

なんとも不思議な偶然というか、つながりがあったのですね。

現在の帽子の男の子と帽子の持ち主

帽子の持ち主は夾ですが、帽子の男の子は由希なので、透の初恋は由希ということになりますね

透がもっている帽子の事は、夾も由希も途中で気づきます。

夾は透が帽子の男の子の事を話している際、ドア越しに話を聞いており、

由希は透の部屋に入った時に帽子を見て思い出しました。

ただ由希は透の昔話は聞いておらず、自分が透の初恋だったとは知らないのでしょうね。

フルーツバスケットネタバレ!帽子をくれた男の子は誰?複雑な経緯がある!?まとめ

いかがでしたか?

フルーツバスケットの帽子をくれた男の子は由希でした。

ですが、帽子の元々の持ち主は夾だったのです。

透、由希、夾の3人は幼少の頃から繋がっていたことになりますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク