ネタバレ

フルーツバスケットネタバレ!まちは由希の彼女!透でない理由は?

漫画「フルーツバスケット」にでてくる、まちこと倉伎真知(くらぎまち) 。

この記事では、倉伎真知のすべてと由希との関係をご紹介します。

もっと詳しくいうと、

  • まちとは誰?どんな人?
  • まちの過去と家族について
  • まちが由希の彼女になった経緯
  • 透が由希の彼女にならない理由は?

についてまとめています。

真知が由希の彼女となった経緯や、透が由希の彼女にならなかった理由について、迫ってきたいと思います!

フルーツバスケットネタバレ!まち(真知)は由希の彼女

真知と由希の関係を知る前に、まち(真知)という人物について知っておきましょう。

そもそもまち(真知)とは誰?

基本情報

  • 原作9巻にて初登場
  • 由希が所属する生徒会の会計
  • 由希や透の1年後輩で紅葉と同じクラス

登場時は無口で感情がないかのような無表情、暗めな感じがしていましたが、

衝動的で気性の荒い面もあり、由希と初めて会ったのは、

生徒会室で暴れ散らしていた最中のことです。

しかも荒らした後は無言で謝って片付け出すので、正直怖いです。

その後も生徒会の活動の中で登場はするものの、

自分の意見は言わず無表情に仕事をしている謎の人物でした。

二重人格なの?っと当時は疑ったりもしましたね。

ただこれには真知の家族が関係していたのです。

倉伎真知の家族

真知には、母、父、年の離れた弟、異母兄弟がいます。

実は倉伎真知は、同じ生徒会であり副会長の真鍋翔(まかべ かける)が異母兄弟なのです

真知の実父はかなりの資産家であり、跡継ぎ問題がありました。

というのも、 真鍋翔は真知の実父の愛人の子だったのです。

(人を好きになるのは個人の自由ですが、

愛人の子を作ったら問題になるって真知の父親は思わなかったのでしょうか・・・)

  • 愛人の子だが長男の翔
  • 本妻の子だが、翔よりは年が下の真知

この2人どちらが跡を継ぐか家では争っていました。

真知は跡継ぎとして厳しく育てられていましたが、

弟が生まれたため、現在は跡継ぎ問題から自由になれています。

真鍋翔もスパルタ教育で育ちましたが、

途中で親の言うとおりにすることに嫌気が差したため、

跡継ぎ問題を放棄

母親とも打ち解け、現在は自由の身です。

倉伎真知と母親

真知を厳しく育ててきたのは母親です

母親は常に「完璧」を真知に求めました

真知は母親のために努力しましたが、弟が生まれた途端、

母親は真知を「つまらない子」と言い否定的な言葉を出します。

しまいには「育て方を間違ったのかもしれないわね」とまで言います。

母親のために小さな頃から努力してきたのに、否定的な言葉を言われ、

自分の今の有り様を全否定するかのような言葉を、

母親から聞いた真知は相当ショックだったと思います。

性格も歪みますよね・・・。

フルーツバスケットに出てくる母親達は、

悪い意味で癖のある人も結構いますよね・・・。

スポンサーリンク

倉伎真知の本質と性格

上のような母親からの完璧を求められる教育により

真知の中では「完璧」がトラウマとなっていました

整理整頓された物をみると、

自分が求められた「完璧」を連想していまい、恐怖を抱いてしまうのです

この恐怖が破壊行動につながっていたのですね。

また「自由」のないスパルタ教育で生きていたので、

当然自分の意見はいえず子供ながらの感情も出せません。

その経験から無口、無感情へと繋がっていたのでしょう

最初の性格や態度の裏には悲しい過去があったかと思うと、

最初二重人格とか疑ってごめん、となりました。

真知嫌いが多い?

まちは最初こそ「何この人?」と思われ、

由希好きな人からは嫌われ傾向にあったようです

ですが彼女の過去を知り、由希との交流をみて好きになる人も増えたキャラクターです。

ただやはり由希と透との関係を期待していた人たちの心境は、

いまだ複雑のようですね・・・。

フルーツバスケットネタバレ!まち(真知)が由希の彼女になるまで

まちのことがつかめた所で、由希と真知が恋人関係になった経緯を見ていきましょう!

まち(真知)と由希のきっかけ

上で話した真知の家庭の過去やトラウマを、真知は由希に打ち解けます。

というのも真知が弟を殺しかけたと学校で噂が広がっており、

その真相を確かめるために真鍋翔に連れられて、

由希は真知のアパートに行った経緯があります。

由希が真知に「整理されたものが嫌いなの?」と問いかけ真知がポツポツと話しだします。

話を聞いた由希は「がんばったね」と真知を褒めます。

真知はずっと誰かに言ってほしかった言葉を聞け涙を流します

ここまで本当に、自分を全肯定して褒めてくれる存在がいなかったのでしょうね。

真知の涙にはじんわりと胸にくるものがあります。

噂の真相も寝ていた弟が寒いのでないかと心配し、

毛布をかけようとしただけだったこともわかります

この出来事がまち(真知)と由希との距離を縮めるきっかけになりました。

スポンサーリンク

真知と由希の互いの理解

自分の衝動的な破壊行動の原因を初めて理解してくれ、

自分を褒めてくれた由希に、真知が好意的な思いを抱くのは当然かと思います。

由希の方も最初こそ真知に対して強い思いはないものの、

真知が由希のことを「王子なんかじゃない」と、

彼の本質を見抜いた言葉がきっかけで興味をもち

生徒会で共に活動する中で、真知に対して特別な思いを抱くようになります。

最終回では由希が真知に一人暮らしをする部屋の合鍵を渡すシーンもあり

かなり親密な関係・・・というかカップルになりました。

お互いの本質を違いが見抜いたからこそ、カップルになったのでしょうね。

親密になっていった2人の姿が、

漫画では詳しくは書かれていないのが少し残念です。

真知と由希のその後

フルーツバスケットの続編である「フルーツバスケットanother」にて由希の結婚相手と子どもが判明します。

結婚相手は先の彼女の倉伎真知です。見事ゴールインしたようで何より!

子どもは草摩睦生(そうま むつき)です。

見た目は由希にそっくりで、両親と同じく生徒会メンバーとして活動しています。

フルーツバスケットanotherでは、

睦生と両親つまりまちと由希との心温まるエピソード話もでてくるので(由希達の顔はでませんが)、

未読の人はぜひ読んでみたくださいね!

まち(真知)は由希の彼女!透でない理由は?

由希の彼女はまち(真知)であり、透は恋愛関係にはなりませんでした。

なぜ透ではなかったのか?

これはフルーツバスケット最終話まとめ記事にも書きましたが、

由希にとって透はあくまでも「お母さんのような存在」だったためです。

最初はそれを認めたくなくて透を異性としてみようと接したようですが、できなかったようです。

由希のトラウマ記事にも書きましたが、

幼少の頃から母親に冷たくされ、ある意味利用されてきた由希です。

母親からの愛をずっと望んでいたのでしょうね

母親本人からは愛情はもらえませんでしたが、

透という母親の様な存在と会えたことで、

今の成長した由希があるのでしょう。

作中の後半あたりから夾と親しくなっていく透をみて、

由希とはどうなるの!?と心配しましたが、透とは家族としての関係になりました。

フルーツバスケットネタバレ!まちは由希の彼女!透でない理由は?まとめ

いかがでしたか?

真知は最初こそよくわからないキャラクターですが、

彼女の過去を知っていくと辛い経験とした影響なのだとわかります。

最後は由希とカップルになり、お互いを成長させていく関係となります

由希と透は家族のような関係に落ち着き、それぞれ円満な関係で、

欲をいえば、この3人が一緒にいる所が見たかったですね。

ちなみに、U-NEXT無料お試しでもらえるポイントを使えば、

フルーツバスケット原作全巻が無料+アニメ作品すべてが見放題です。

気になる人はU-NEXTの別記事を参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク