ネタバレ

黒執事セバスチャンは猫好き!悪魔が猫を好きな理由とは?犬は嫌い?

こんにちは、かわレイです。

大人気漫画「黒執事」。

その主役級であり悪魔であるセバスチャンは猫好きなのが有名ですね。

悪魔が猫を好きな理由とは何なのか?

犬が嫌いとの情報もありますが何故なのか?

気になったのでまとめてみました!

黒執事セバスチャンは猫好き!悪魔が猫を好きな理由とは?

この投稿をInstagramで見る

#黒執事#お気に入り 「 あくまで、執事ですから。」

あゆ(@singekino_150)がシェアした投稿 –

セバスチャンが猫好きなのがわかるのは、原作「黒執事」2巻です。

第5話「その執事、多忙」にて描かれました。

なんでも猫科の虎を含めて猫全般が好きで、肉球を触ることに癒やしを感じているようですね。

悪魔が癒やしを感じているのはおかしな話ですが、漫画の表情をみる限りそんな感じです(笑)。

この投稿をInstagramで見る

so cute with his love for cats 🖤

Sebastian, butler devil ♟(@sebaschan.michaelis_)がシェアした投稿 –

気になる猫好きの理由としては、

  • 無駄な事を喋らない(しない)
  • 可愛い
  • 悪魔の世界にはいない

↑以上になります。

悪魔が「可愛い」って感じるのはある意味凄い気がします。

セバスチャンの世界には愛玩動物はいるようですが、

その時に思い浮かべた姿は映画「エイリアンVSプレデター 」にでてくるエイリアンみたいな姿です↓

セバスチャンは「あれはいただけない」といっており、可愛くないようですね。

肉球を触るのが好きなのは何故かわかりませんし、

どういった経緯があったのか気になる所ですが、柔らかいのがすきなのかもしれませんね。

シエルがアレルギーでなければ、屋敷は猫だらけになっていたかもしれません(笑)。

猫は自由気ままで自分のしたいこと、気持ちというか欲を優先します。

悪魔であるセバスチャンは「欲」が好きなので、猫のそういう部分に何か通じるものがあるのかもしれませんね。

「無駄な事を~」といっていることから、必要時以外が動かない猫の効率的な所も気に入っているのかもしれません。

黒執事セバスチャンは猫好き!犬は嫌い?

犬嫌いの設定はアニメ限定で原作にはありません。

アニメ黒執事第7半話「その執事、遊興」にて判明します。

犬は少々苦手、というかはっきり言って嫌いですので。

「飴と鞭で意思をねじ曲げ従順を強いる。素敵な光景ですね。(中略)人に媚びへつらい、喜んで首に鎖をかけられ…全く理解しがたい。

↑このように言っています。毛嫌い感がでていますね(笑)。

犬は主人重視で時には主人を守るために自分を優先することもあります。

首輪をつけ主人に従いますし、猫とは反対の生き物です。

なので、猫好きのセバスチャンには「嫌い」と思ってしまうのかもしれませんね。

「主人重視」という点ではセバスチャンも犬に通じる部分があると思いますが、

セバスチャンはあくまでも自分の「欲」のためで動いており、

犬の「主人重視」とは違っているのでしょう。

ただ、原作のファンブックによるとケルベロスという犬をかっている設定があります。

本編には一切でてきませんが・・・。

黒執事セバスチャンは猫好き!悪魔が猫を好きな理由とは?犬は嫌い?

この投稿をInstagramで見る

🖤

Sebastian, butler devil ♟(@sebaschan.michaelis_)がシェアした投稿 –

いかがでしたか?

セバスチャンは猫好きとのことですが、理由は悪魔らしいものでしたね(笑)。

犬が嫌いなのも納得できる理由でした。

原作は緊迫している内容なのでセバスチャンの猫好きなシーンはでてきませんが、

また見てみたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク